ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

静かな満足感・達成感を味わうのは心地よくありませんか?

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です



互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ230》ー教育・愛シリーズ
「静かな満足感・達成感を味わうのは心地よくありませんか?」


孫がミニバスの試合で、敢闘賞をいただきました。


4年生ですから、

基礎的な試合運びやその活躍度を

監督が判断して、

各参加チームでひとり選出されて、

励みにするということらしいです。



その結果を、姉、父、母、じーじ、ばーばたち、

家族そろって、嬉しさを隠しきれませんでした。



ところが

本人はいたって冷静。



嬉しいには違いないと思うのですが、

もう終わったこと。



切り替えて、

次の段階に進んでいるような感じなのです。



余韻すら残っていない。



ひそかな自信となって、達成感を味わっているかのようです。

応援団長の母は、にぎやかに声援を送り、

嬉しさをみんなと分かち合い、

我が子の成長を自分のこと以上に、

喜んでいます。



それに誘われて、家族みんなが、ワイワイ、がやがや。

一丸となって、応援する家族応援団となったのでした。




応援団長の母はというと、

練習から帰ってきた彼女の

練習での出来事を、

詳しく聴いてあげるのが日課でした。



ひとしきり話さないと落ち着かないらしく、

必ず、話しているようでした。

想像するに、

一日の練習の様子、感想を、

母親に話すことで、

振り返っているようでした。



ひとしきり話して、

うんうんと聴いてもらって、

すっきりして、

次の日は楽しそうに練習に出かけるのでした。



こんな毎日を過ごしての、敢闘賞なのでした。


二人三脚での敢闘賞と言っても、過言ではありません。



ほとんど毎日のように練習があるにもかかわらず、

へこたれずに続けているのです。



母に話すことには、意味があり、

小さな成長を見守ってもらっている安心感や満足感が、

彼女のパワーを引き出しているのだと思いました。



ちょっとずつやり遂げていく達成感が、

心地よさや、ちょっとの自信になって、

立ちはだかるものを乗り越え、

確かな存在として実感できるようになったとしたら・・・・。



飛躍できるようになるための

助走になるといいなあと思いました。



ひとつの出来事から、

彼女の未来を想像していました。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_23404013.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2017-09-08 23:41 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

あなたの強みは何ですか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です


互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ191》ー教育・愛シリーズ
「あなたの強みは何ですか。」


グループワークは楽しいですね。



テーマは、『強みは何。どう生かすか。』


その場でみんなが思ったこと、気づいたことなどを話しました。


いろいろな思いや考えがあるのが、
目の前でちりばめられている感じ。



キラキラ、キラ~!!!

まずは、自ら強みと思えることが大事ということです。


突然指名されても、
戸惑わすに、話しているのが凄い!

実践力の賜物だと思いました。



実践しているということは、
知識、理解だけではない、手ごたえを感じて、

実感として味わっているということです。



泥まみれになることも、


うまくいかないことも、



予想通りにはいかないことも、


失敗だと思ってしまうことだってあります。



強みをテーマした話です。



本人が、『これが強み。』と意識できるまでの苦労が伝わってきます。


試行錯誤の上、強みになったのだと思いました。



刺激的な話ばかりで、学びがいっぱい。

終わりにあたって、グループごとのまとめの発表。

とてもまとまらないとことなのです。



締めくくるためには

そういうことも必要なのかもという

こちら側の都合かもしれません。



他のグループの発表内容から、


真剣に話し合われていたのだなあと、伝わってきました。



『強み』とは人に役に立つこと。


お客様を認識していくことで

見つかると発表されているのを聞いて、


独りよがりではない、お客様のことを考えた話に感銘を受けました。

教科書のような話があって、そのことがきっかけになって、



みなさんの話を聴くことができ、話が話を呼び、広がっていきました。



思い思いの話の中の本質。


なぜ、今、あなたはこの話をするの?と耳を傾けていました。


正に毎日、経営している感じが伝わってきたのでした。


目の前のお客様のことを考えて、

喜んでもらえるように能力と人間性をつくってきたのだ

と伝わってきたのです。

その中で、創業100年以上継承されている方の話を

伺うことができました。

オンリーワン。


磨く。


身の丈に合った仕事。


極める。


商道を感じました

重い言葉と受けとめてました。



参加者はエネルギッシュな感じ。

自分を、自社をよく知ることから、強みになっていくのだと思いました。


私は○○だ。
自社は○○だ。



一言でいうと、何だろう。

その場を離れてからもいろいろと思いを巡らしていました。

分析、棚卸も大事です。

いつも情熱を持って行動している人にとっては、


その場で感じていることを言葉にしたら、

強みの要素が潜んでいるのです。

経営は人がやっているのです。

だから、その人らしさが反映されています。

お客様とともに、何ができるのか。

強みは
サポートすること。


心に寄り添うこと。


人が育っていくのを喜ぶこと。


そう言い切れるといいなあと思いました。


強みは夢でもあります。



強みを磨く。


強みを極める。


もっともっと。

強みと言えるまで。


強みと言い切れるまで。



強みと言い切った後、

どのように動き出すのでしょう。



未来に向かって、何をするのでしょう。

強みを生かして、


さらに成長することをイメージしていました。




出会いに感謝。


疲れた~。


いい時間でした。


自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_17195902.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2017-08-10 17:20 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

子どものテストの点数で、焦ったりしませんか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ190》ー教育・愛シリーズ
「子どものテストの点数で、焦ったりしませんか。」


子どもの学校でのテスト。


点数、数字が高いか、低いかテストの結果に、

一喜一憂することがあります。


本当は、

結果のみに

右往左往することはないと思うのです。



いいのかなあ~?と


親の方が不安になってしまうことがあります。

焦ってしまうこともあります。



例えば、
漢字テストをして、50点(100点満点)だったとします。



このテストの結果についての考え方です。



今は50点、覚えているということを表しています。

覚えるためには、もう少し練習をすればいいということを示しています。



そんなに冷静になれないわ!!!!

そうかもしれませんね。



子どものことを考えたら、焦ってしまいます!!!



でもね。



代わってやることはできなのですよ。



子ども自身が、必要性を感じていなかったら、

動き出すことは期待できません。



叱ったり、説得したり。

文句を言ったり、責めたり。

罰を与えたり、褒美を与えてつってみたり。

・・・・・・・。



本当のやる気は生まれるのでしょうか。



子どもは

親にコントロールされて、

やらされ感いっぱいになってしまいます。



親が困ることはないし、

子どもをしかりつけるのは????。



テストの結果は、努力が足りなかったということを表しています。

もう少し、練習や覚えるための努力が必要ということなのです。



冷静に考えてみると、


あともう少し、何とかしようと思えるかどうかなのです。



ダメだという烙印を押すことはない。

諦めることもない。



親が子どもに、『ダメな子!』と決めつけたり、脅したり、

責めたりすることはないのです。



今はそうだけれど、


未来はそうとは限らないという希望をもっていた方が

いいのに決まっています。



覚える時間を確保すれば、きっと覚えられはず。




大人だって、そう簡単に、

なんでもできるわけではないことがあります。


努力したくないときだって、ありませんか。


真面目になりたくないときだって、ありませんか。




では、人を動かすものは何でしょう。


ここまでできたのだから、

もう少しやってみようと思えるかどうかなのです。



成功体験に結びつく、何かがあるかどうかなのです。


小さな成功体験の積み上げを。


一つ一つ。



そうはいかないこともあります。


その時に


この子、ホントに、大丈夫かしらなんて、先走ってしまうこと。


不安。

心配。



子ども自身がそう思っているのではなくて、

親の不安、心配だったのです。




社会に出ても、資格試験などで、

今どれくらいできるか、
今どれくらい覚えているかを


試験することがあります。



合格するということは
覚えていて、できるということでした。



もし合格しなかったら、
今は覚えていないけれど、
今はまだできないけれど、


きっとできるよという期待を持つことが

未来への入り口なのです。



子どもも大人も。


同様です。



子どもを信じて、励ましてほしいと思います。


自分自身の試験だったら、自分を信じて励ましてほしいと思います。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_20562524.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2017-08-08 20:56 | 子どもの心 | Comments(0)

どうして???私だけが・・・。と感じたことはありませんか


コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ189》ー教育・愛シリーズ
「どうして???私だけが・・・。と感じたことはありませんか。」



どうして???



私だけが・・・。


我が子だけが・・・。



させられている。
犠牲になっている。



自己犠牲的・・・・。





こんなに我慢しているのに・・・。


だったら、
やめてみればいい。




どうなるのか?



どんな気持ちが起こってくるのか。


試してみると。




同じパターンから抜け出せるはず。



無理をし過ぎずに。
我慢をし過ぎずに。



やってみて。



できることを見つける。




できること以外は、できないことなのだから、


思い切って捨ててみると、
以前とは違った何かが見えてくる。



一人ができることはそんなに多くないと思った。



誰にも、苦手なことがある。


我がままだ~?
自己中心的だ~?




そんな風に自分を責めているとしたら、


手放した方がいいと思った。



いつの間にか、
自分以外の誰かも、責めてしまっていることがあるから。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_19512624.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2017-08-07 19:57 | 生きる | Comments(0)

血気盛んは張り合いになるのですか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ188》ー教育・愛シリーズ
「血気盛んは張り合いになるのですか。」


血気盛んという言葉は嫌いではありません。


勢いがあって、夢中になって、前向きで、
熱い気持ちが伝わってきます。


ともすると、
激昂することがあるかもしれません。



意見を戦わせながら、
結構、感情が前に出ている姿も目に浮かびます。


頑張っているなあ。


活力、やる気がみなぎっているなあ。


そんなイメージです。



独りよがりになっていなければよいのですが・・・。


あまり自分を出し過ぎると、
周りが見えなくなってしまうことがあります。



周りのみんなのことを考えようとするならば、

周りからも、
自分自身からも


今より、距離を取って、


私のやっていることどうなんだろう。


周りを気にしすぎるということではないのです。



自分のことを
自分の気持ちを


客観視すると、もっと違う自分に気づくことがあります。



アクセルを踏んだのにブレーキをかける。


一緒に踏むと、どんなことが起こるのでしょう。


白い煙がいっぱい出て、立ち往生します。



苦しくなって、葛藤して、迷って。


歯がゆい自分に向き合って、じりじりした気分。



諦めるかやり通すか。


結局、やり通すことになることが多いのです。



この時間とプロセスがあるから、

繰り返しで、局面を乗り切ることができたと思ったのです。



ブレーキを踏んでしまう自分が嫌で、
どうにかならないのかと

心が重いと感じていました。



やっと、

ブレーキを踏んでみるのも大事だと思えるようになりました。


実は、乗り切った時は、もっと先のことまで見えてしまっているからです。



アクセルとブレーキ。

葛藤することです。



それもまたいいのだと思えたのでした。


一緒に踏んでしまう、その時間。その出来事。その場。


実は大切な時間だったのでした。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_19192805.jpg




[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2017-08-07 19:29 | 意志と愛 | Comments(0)