ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

血気盛んは張り合いになるのですか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ188》ー教育・愛シリーズ
「血気盛んは張り合いになるのですか。」


血気盛んという言葉は嫌いではありません。


勢いがあって、夢中になって、前向きで、
熱い気持ちが伝わってきます。


ともすると、
激昂することがあるかもしれません。



意見を戦わせながら、
結構、感情が前に出ている姿も目に浮かびます。


頑張っているなあ。


活力、やる気がみなぎっているなあ。


そんなイメージです。



独りよがりになっていなければよいのですが・・・。


あまり自分を出し過ぎると、
周りが見えなくなってしまうことがあります。



周りのみんなのことを考えようとするならば、

周りからも、
自分自身からも


今より、距離を取って、


私のやっていることどうなんだろう。


周りを気にしすぎるということではないのです。



自分のことを
自分の気持ちを


客観視すると、もっと違う自分に気づくことがあります。



アクセルを踏んだのにブレーキをかける。


一緒に踏むと、どんなことが起こるのでしょう。


白い煙がいっぱい出て、立ち往生します。



苦しくなって、葛藤して、迷って。


歯がゆい自分に向き合って、じりじりした気分。



諦めるかやり通すか。


結局、やり通すことになることが多いのです。



この時間とプロセスがあるから、

繰り返しで、局面を乗り切ることができたと思ったのです。



ブレーキを踏んでしまう自分が嫌で、
どうにかならないのかと

心が重いと感じていました。



やっと、

ブレーキを踏んでみるのも大事だと思えるようになりました。


実は、乗り切った時は、もっと先のことまで見えてしまっているからです。



アクセルとブレーキ。

葛藤することです。



それもまたいいのだと思えたのでした。


一緒に踏んでしまう、その時間。その出来事。その場。


実は大切な時間だったのでした。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_19192805.jpg




[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2017-08-07 19:29 | 意志と愛 | Comments(0)
<< どうして???私だけが・・・。... 「なぜ、なのだろう。子どもの暴力 >>