ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

タグ:生きる ( 42 ) タグの人気記事

「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫

あなたの強みは何ですか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です


互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ191》ー教育・愛シリーズ
「あなたの強みは何ですか。」


グループワークは楽しいですね。



テーマは、『強みは何。どう生かすか。』


その場でみんなが思ったこと、気づいたことなどを話しました。


いろいろな思いや考えがあるのが、
目の前でちりばめられている感じ。



キラキラ、キラ~!!!

まずは、自ら強みと思えることが大事ということです。


突然指名されても、
戸惑わすに、話しているのが凄い!

実践力の賜物だと思いました。



実践しているということは、
知識、理解だけではない、手ごたえを感じて、

実感として味わっているということです。



泥まみれになることも、


うまくいかないことも、



予想通りにはいかないことも、


失敗だと思ってしまうことだってあります。



強みをテーマした話です。



本人が、『これが強み。』と意識できるまでの苦労が伝わってきます。


試行錯誤の上、強みになったのだと思いました。



刺激的な話ばかりで、学びがいっぱい。

終わりにあたって、グループごとのまとめの発表。

とてもまとまらないとことなのです。



締めくくるためには

そういうことも必要なのかもという

こちら側の都合かもしれません。



他のグループの発表内容から、


真剣に話し合われていたのだなあと、伝わってきました。



『強み』とは人に役に立つこと。


お客様を認識していくことで

見つかると発表されているのを聞いて、


独りよがりではない、お客様のことを考えた話に感銘を受けました。

教科書のような話があって、そのことがきっかけになって、



みなさんの話を聴くことができ、話が話を呼び、広がっていきました。



思い思いの話の中の本質。


なぜ、今、あなたはこの話をするの?と耳を傾けていました。


正に毎日、経営している感じが伝わってきたのでした。


目の前のお客様のことを考えて、

喜んでもらえるように能力と人間性をつくってきたのだ

と伝わってきたのです。

その中で、創業100年以上継承されている方の話を

伺うことができました。

オンリーワン。


磨く。


身の丈に合った仕事。


極める。


商道を感じました

重い言葉と受けとめてました。



参加者はエネルギッシュな感じ。

自分を、自社をよく知ることから、強みになっていくのだと思いました。


私は○○だ。
自社は○○だ。



一言でいうと、何だろう。

その場を離れてからもいろいろと思いを巡らしていました。

分析、棚卸も大事です。

いつも情熱を持って行動している人にとっては、


その場で感じていることを言葉にしたら、

強みの要素が潜んでいるのです。

経営は人がやっているのです。

だから、その人らしさが反映されています。

お客様とともに、何ができるのか。

強みは
サポートすること。


心に寄り添うこと。


人が育っていくのを喜ぶこと。


そう言い切れるといいなあと思いました。


強みは夢でもあります。



強みを磨く。


強みを極める。


もっともっと。

強みと言えるまで。


強みと言い切れるまで。



強みと言い切った後、

どのように動き出すのでしょう。



未来に向かって、何をするのでしょう。

強みを生かして、


さらに成長することをイメージしていました。




出会いに感謝。


疲れた~。


いい時間でした。


自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_17195902.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2017-08-10 17:20 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

「なぜ、なのだろう。子どもの暴力

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)



《問いかけ・働きかけ187》ー教育・愛シリーズ
「なぜ、なのだろう。子どもの暴力。」


食事の時のこと。


姉は妹へのあたりがきつい。


イカが食べられないと言っているのに、
「食べろ食べろ。」と妹に強要してる。

何度も、何度も、食べろと言う。



母親に言いつけると脅す。



それでも、妹が食べなかった。

強情なところも感じられた。



すると、姉はたたく。実力行使。暴力。


姉のイライラがきつい。激しい。


日頃から、何かあったのかもしれないと思った。



姉の暴力を止めてから、

妹に先に聞いた。



何か気に障ることをしたのかと。

姉が怒りに満ちていたから。

妹は黙っているだけ。



姉に聞くと
「口を閉じて。」向こうに行ってしまった。



助けを求めたり、自己弁護をするほどでもないのかもしれない。


様子を見ることにした。


それからは、別にどうということもなく、遊んでいる。



次の日、私と姉とふたりで買い物に行った時に、
「お姉ちゃんだから、譲ってあげなさい。」と言われて、
我慢させられるのが嫌だと言った。



「お姉ちゃんだから、〇〇。」とよく言われるらしい。


だから、妹に権力行使をすることになる。


そういう構図だった。



姉としてふるまっているだけなのかもしれない。



姉妹の関係が成立しているはずなのに、ままならないというところだった。


イライラ感が最高潮。



私自身も「姉だから〇〇。」と言われたことを思い出していた。


そのことを伝えたら、姉同士の置かれた立場で、
なんとなく気持ちがつながった気がした。



孫の言葉で、祖母は癒され、癒し合いを味わった感じがした。


何となくだろうけれど、


日頃我慢して、姉らしくしようとしている気持ちは、

ふとしたことで、爆発してしまうことがある。



きっと、じーじとばーばの安全な場所だからこそ、

心が緩んで起こったことなのだろうと思った。



きっと、止めてくれるだろうというもの安心感。



無意識にかもしれない。


雰囲気がのびのびしているだけなのかもしれない。



爆発も

強気になるのも、

子どもの一面として、見守っていた。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_17291144.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2017-08-07 17:34 | 子どもの心 | Comments(0)

自分と向き合う場って、大事だと思いませんか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ166》ー教育・愛シリーズ
「自分と向き合う場って、大事だと思いませんか。」

自分は何を大切にしてきたのだろう。
何を大切にしているのだろう。
何を大切にして生きたいのだろう。

過去のこと。
現在のこと。
未来のこと。

毎日の出来事。

起こっている事実を、
どのように感じ、どのようにとらえ、
私たちは生きているのでしょう。

今ここで、起こっていることは、
自分にとって、
何かを教えてくれているのです。

きっと学びの機会となっているはずなのです。

忙しさを理由に、
スーッと通り過ぎてしまうことがあります。

感じたり、
充分味わったり、

深く、深くとらえたり、

そんなことを怠ってしまうことがあります。

考えずに、
感じずに、

やり過ごすことだってできます。

イライラ感や心もとないことを、
愚痴や悪口として言い放ったとしても、

その言葉は、きっと自分に返って来てしまうはずです。


いい気分では過ごすことはできません。

嫌な自分と出会うだけなのです。

起こった事実をどのように感じているのかは
人それぞれです。

話を聴いていると、
こんなとらえ方、感じ方があるのだと、
感動させられることがあります。

異なっている!!!を実感できます。

それは

それぞれが生きているという証なのだと感激します。

10月の『Kante津❤️カフェ』。
10月21日(金)11:30~14:00ぐらい
入栄軒にて
   http://www.irieken.com/dai
あらたまった感じで、
それでいて自由で
落ち着いた、静かな雰囲気で
安心感と幸福感のある食事会です。

ご都合のつく方はぜひお越しください。
お待ちしています。

感性論哲学は、実践のための哲学です。

今回は
『変わらなくてもいい、成長すればいい』についてです。

行き詰った時
果たして自分は
変わろうとしているのか?
成長しようとしているのか?
どのように感じながら生きているのでしょう。

ランチをご一緒に。
参加費2000円(ランチ代含む)
参加をお待ちしています。
下記の連絡先
http://coaching-gj.jp/contact/index

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_23595681.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-10-13 00:00 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

ふとした心の隙間に、不安が見え隠れする瞬間って、ありませんか

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ165》ー教育・愛シリーズ
「ふとした心の隙間に、不安が見え隠れする瞬間って、ありませんか。」

何気ない会話。

後で思い返してみると、

どうして、あんなことを言ったのだろう?

なんだか変な方向に話が進んでしまって、
後味が悪い感じかな?

それって、
真面目すぎる雑談かもしれません。

話をしていて、
心の中で
どんな声が聞こえてきましたか?

これって、
正解、不正解?

どうなのだろう。


こんなこと考えていたら、はずかしいのか?

こんなこと言ったら、
なんだか、見下されているのかもしれない。

影口や悪口を言われるかもしれない。

ひどいことになるかもしれない。

間違ったらどうしよう。


失敗したらどうしよう。

変だと思われるかもしれない・・・。

ちっとも、楽しくありません。

何かに惑わされ、
何かに振り回され、
何かに影響され、
何かにこだわっているのかなあ。

何かとは、自分自身の中にある何かなのです。

この何かは、
本当は心の奥でとても大事にしているはずのものです。

ところが、


不安や心配のような形で生まれてきているだけなのです。

①自分が正しいと思っているところがはっきりしていること。

②周りの人の考えや思いを受けとめられること。

この二つを大事にすれば、第三の新しいものが生まれるかもしれないと期待できます。

これでよかったと思える何かが生まれると思うとワクワクしませんか。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_19062903.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-10-11 19:08 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

本気になるってどういうこと

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ162》ー教育・愛シリーズ
「本気になるってどういうこと。」

本気になっているって、
どんな姿なのか。

周りを見てみた。

いつもペースを守ってやっている人。

何んのかんの言いながら、でもやめずにやり続けている人。

いつも休んでいるようで、ここぞという時に力を発揮する人。

口数も多く、バイタリティ―溢れんばかりの人。

人それぞれの本気。

やりたいこと。
やらねばならないこと。

手を抜かずやり通す人は、
みんな本気の人だと思った。

本気に気づいていない場合があるので、
本気を見つけて、

あなたの本気はこれですね。

と。

本気をフィードバックして、
確かに届けられたら、
気づいてもらえたら、
いいなあと思った。

迷い道に迷い込んでしまったら、
本気が隠れてしまうこともある。

今は、
奥の方にしまわれているかもしれないけれど、
きっと、ニョキニョキと出てくるはず。

きっと、
なくしたくないものとして、
誰の中にもあるはず。

誰かのために
何かを
本気でやってみたら、
どんな気持ちになるのだろう。

やってみて、
実感すると、
本気の意味や価値がわかってくるはず。

ありがとうの言葉とともに
本気でやってみてよかったと思えることに出会える。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_17264344.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-09-28 17:26 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

整理整頓ができていないとどうなるのでしょう

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ160》ー教育・愛シリーズ
「整理整頓ができていないとどうなるのでしょう。」

片付いていないところがあったら、
大事なものは入り混じってごちゃごちゃになっていたら、
あるべきところにあるものがないとしたら、

つまり、整理整頓不足の時です。

きっと、心の中もそんな状態なのかもしれません。

心のなかが、そうだから、
整理整頓できないのか?

整理整頓できないから、
くちゃくちゃになってしまうのか?

どっちなのでしょうか。

以前、
バックの中に必要なものはいれているはずなのに、
肝心な時に、
必要なものがすぐに出せないことがありました。

どうしてそうなるのか・・・。

一緒にいた人が言いました。


「かんちゃん、バックの中に、きっとあるよ。」って。

事実そうでした。

その時、
なんだか、見抜かれているようで、
ちょっと、不思議な感じでした。

必要な時に必要なものがある。
あるべきところにいつもある。

とても大事なことなのです。

整理整頓ができていると、

見たくないものを見ないで過ごすそうと、

ごちゃごちゃしているところに
隠してしまうことができなくなりました。

嫌なことを何かの間にしまい込んで、
ごまかして見過ごすことができなくなりました。

汚れている物や恥ずかしいことも、
どこかに分からないようにしてしまおうと
まあいいかっと、
放り出してしまうこともできなくなりました。

とにかく、

目の前にあるものやことを
どうするのか、
どうしたいのかを
明確にしないと、ごちゃごちゃになってしまいます。

すっきり行動できるために、
明確に自己実現できるために、
確実に実践できるために、

見た目の整理整頓と
心の中の整理整頓が
とても大事なのだということでした。

両者はつなかっているのです。

机上が片付いていない人は、
心の中も、考えも
すっきりと片付けられないかもしれません。

机上の整理整頓をすると、
心もすっきりして、
いい考えも浮かんできて、
楽しく過ごすことができるはずです。

一度立ち止まって振り返ってみると、
実感できます。

たかが、
整理整頓かもしれませんが、
されど、整理整頓でした。

先の先まで、
スーッと通っているものです。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_19140428.jpg



[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-09-09 19:12 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

過去のことが気になっているため、前に進めないことはありませんか

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ159》ー教育・愛シリーズ
「過去のことが気になっているため、前に進めないことはありませんか。」


元気な立ち振る舞い、
前向きに行動している人であっても、


心に中では、
どのように思っているのかは、


なかなか感じ取りにくいものです。


もしかしたら、・・・・・。



色々と思いを巡らしてみました。


もし、
過去のことが、
いつまでも忘れられないとしたら、・・・。


こういう時は、
過去のことでも、


気になって仕方がないことだったり、

悔しかったことだったり、
辛かったことだったり、
苦しかったことだったり、

することが多いと思います。


罪悪感を持ってしまったり、
劣等感を持ってしまったり、
恐怖感を持ってしまったり、
不安になっていたり、

ということを引き起こいていることが多いのでは
ありませんか。


揺らいでいて、
さまよっていて、
どうなるのでしょう。


過去のことに囚われていて、
一歩も、前に進めないという状態です。


そんな時は、
取り留めもなく、
あっち、こっちに、ふらふらしています。



いろんな出来事が起こったとしても、
そんな風にならない人がいます。


そんなことは言っていられないのです。


とにかく、
行動しないと、
前に進めないと、

と言っていました。


どうして、そんなことが言えるのかと、
思ったのですが、


そう言って、とどまっていない人は、
何が異なっているのでしょう。


一つ言えること。

それは、

目的はあるということです。


何が何でも、達成したい目標があるのです。

そうなると、


過去に起こったことは、
何も気にしないで、
何も考えないで、


スルーしているのかと思いきや、

全く違うのではないかと推察します。


目的のために、
目標を達成するために、

過去に起こったことを
どのように解釈するかということなのだと思いました。


何も目的がないひとは
いつまでもさまよい続けてしまいます。

一方、


明確な目的や
達成したい目標があると、

そのために、生かそうと考え始めるのです。


それが解釈力です。


積極的にとか
実践的にとか

言葉ではそのようにいってしまいますが、


どのように解釈して
今後に生かすかと考えている人と、


目標もなく、
当てもない状況の中でさまよっている人

とでは、

生きる張り合いが変わってしまいます。


いかに生きるのかの目的を
はっきり持っていることこそが、

生き生きと生きていく道しるべになるのです。


自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_14393151.jpg

b0283396_14382424.jpg

b0283396_14323768.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-09-06 14:33 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

なぜ、親と子の関係が大切なのでしょう

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ157》ー教育・愛シリーズ
「なぜ、親と子の関係が大切なのでしょう。」

子どもに対する親の決断に、
家族の周りが
疑問や不信を持ったら、
どうなるのでしょう。

周りにいる
舅や姑が
「それでいいの?」
と投げかけたら、
親はどのように受け取るのでしょう。

そして、その波紋がどのように広がっていくのでしょう。

親として、考えて、考えて、
最善の方法を決めたはずなのに、

周りから、
「それでいいの。」
と、いつも指摘されていたら、

言っている方は
それが単なる疑問であったとしても、

言われている親は
そう簡単なものではありません。

子どもを育てている親として、
責任を持って、
最善の方法を導き出して、
決断したにもかかわらず、

周りの者たちは、
「いいねえ。」

褒めたり、
認めたり、
黙って見守ったりはしなかったのです。

親は
私のやり方は間違っているのかしら、
いつもいつも異論を唱えられてしまって・・・。

こんな気持ちを持ってしまったら、
子どもを育てる自信を無くしてしまうかもしれません。

11歳の子どもを持つ親なら、
11年間の体験・経験を生かして、
子どもに最善のことを考えているはずなのです。

母親として、
父親として、
これ以上のものはないと決めた事柄に対して、

「それでいいの?」
と不信が漂うように言ってしまったら、どうなるのでしょうか。

迷ってしまって、
前に進めなくなる。

か、あるいは、

意見は違うけれどと
わだかまりを持ちつつも、押し通していくか。

どちらにしても、
何しろ、ぎくしゃくすることになります。

ぎこちなくて、
緊張状態で、
大人の顔色を眺めて過ごしていると、
子どもたちの居場所はなくなってしまいます。

なぜ周りの家族の人たちは、
言わずにはいられないのでしょう。

自覚しているかどうかはわかりませんが、

親の足りないところを指摘していると思っているとしたら、
大きな誤解なのではありませんか。

昔の私のやり方と違っているから、
正しくないと言いたいのかもしれません。

うちの家族はそんなことはやらないと主張したいのかもしれません。

とにかく、
自分のやり方と違っていると、
不安で、心配で、たまらなくなっているだけなのです。

そして、
「それでいいの?」
と投げかけてしまっているのです。

要するに
不安や心配をまき散らしているだけなのです。

恐れなのかもしれません。

そんなことしていて、どうなるんだろう・・・???。
そんなことを思っているはずです。

結局、
つながりはずたずた、
互いに疑心暗鬼になって、
暮らしていくことになってしまうのです。

一番迷惑をこうむっているのは、
当の子どもたちです。

子どもたちは、一体どうすればいいのか
わけがわからなくなってしまい、

周りの大人たちの顔色を伺って、
何も判断できなくなってしまうのでした。

家族の単位は、親子です。

そのつながりを、引き裂いたり、
切り刻んだりする行為は、
家族を壊す行為として
厳に慎むことが大事なのです。

どんな方法をとったとしても、
どんな考え方をしたとしても、

親が、最善と考えたこと以上に
素晴らしいものはありえません。

周りの家族の者は、
それを応援して、一体感を持って
未来に向かっていくことが、
幸せになっていく、一番のことだと思います。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_20363918.jpg



[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-09-02 20:37 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

”からかう”という行為は、体のいい”いじめ”ではありませんか

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ156》ー教育・愛シリーズ
「”からかう”という行為は、体のいい”いじめ”ではありませんか。」

からかっている本人は、どう思っているかわかりません。

からかっているのだから、
相手を決めて、
からかうという行為をしていることは間違いありません。

からかわれている張本人も一緒になって笑っているので、
冗談半分で、
軽いノリで済ませてしまいました。

しかし、


からかわれた方は、実際のところ心穏やかでない場合もあります。

小学校の『いじめ防止、友達を見捨てないキャンベーン』
の授業では、

名前でからかわれた経験、
見た目でからかわれた経験、

などを、

その時のできごととともに、

その時の
心の中の景色を語っていきました。

心の中は、なかなか見えませんが、

語ったことを即興劇で見てみました。

これをプレイバックシアターと言います。

からかわれた時の、
悲しい気持ちや嫌だった気持ちを
即興劇で見てみて、

見てみて初めて、

そうだったのか・・・。

と気づくのです。

ニコニコしていても、
心の中はそうではなかったのだと
劇を見ていた周りも、からかった張本人も気づいたのでした。

からかっている本人は、
軽い気持ちで言っているだけなのかもしれません。

何人かから、からかわれたり、
軽口をたたかれたりしたら、

からかわれた方は、どんな気持ちになるのでしょう。

同様のことが、大人の世界でも・・・。

縦の社会や組織で、
起こったとしたら、
いったいどうなるのでしょうか。

従うことしかできなくなってしまいます。

誰かにとっては、
大変なことが起こってしまうかもしれません。

それはいじめ!!!なのです。

はやくそのことに気づいてほしい。
やめてほしい。

そんな声は届いていますか。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_09591920.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-09-02 09:59 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

怒り。怒っている人はとても傷ついていると思いませんか<第4回感哲みえ女子会開催>

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ152》ー教育・愛シリーズ
「怒り。怒っている人はとても傷ついていると思いませんか」


突然、怒り出す人がいます。
なんだか、イライラしている人がいます。

何かが伝わっています。

きっと何かに傷ついているのではと感じます。

どうしたらいいのかと考えあぐねます。

ここで何かを言おうものなら、

たくさん膨らんだ風船が、
針の穴程の傷つきで、
張り裂けるがごとく
限界を超える刺激で、

倍返しで、
怒り心頭することになります。

なぜそうなるのかを考えるのは『愛』です。

成育歴や体験、経験に合わせて、
今おかれている環境などによって、
その人なりの何かがそうさせたのではないでしょうか。

それが、
正しいとか間違っているとか、
いいとか悪いとか、
考えてしまって、不信感を持ってしまうものです。

自分と違っていると、
変だとか、
おかしいとか、
違うとか、
間違っているとか
人を評価してしまいます。

ますます、孤独になっていきます。

そう考える前に。

怒っている人の
心の中に何かが起きているのです。

なんでそうなの?と
疑問が浮かんだら、
それが『愛』です。

その人のことをもう少し知ってみようと思えたなら、
それが『愛』です。

怒りたくなるのもわかるような気がすると感じられたら、

怒っている人の後ろにあるものが感じられたら、

信じる気持ちが少しでも湧いて来たら、

それが『愛』です。

少しはわかるような気がする。

ちょっと許せる気持ちが湧いてきた。

いろいろあるんだなあ。

こんな気持ちが湧いて来たら、それは『愛』です。

諭しても、治まっていかなかった怒りが
周りの人のそんな気持ちが伝わって、
だんだんと静まっていくことがありませんか。


『愛』はいろいろなところにちりばめられています。

まずは、相手のことをわかろうとすることが『愛』なのです。

第4回感哲みえ女子会
今回のテーマ
『よりよい人間関係をつくる』
8月27日(土)14:00~16:00
津市リージョンプラザ第3会議室
 三重県津市西丸之内23-1
感性論哲学の創始者 芳村思風先生による
感哲みえ女子会にぜひお越しください。
※男性の方もお気軽にお出かけください。
お待ちしています。
下記の連絡先に
http://coaching-gj.jp/contact/index
お願いします。

b0283396_09085022.jpg

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください



[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-08-18 18:50 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)