ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

タグ:言葉にする ( 50 ) タグの人気記事

「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫

どうして一歩も前に進めないのでしょう

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)

今を生きている自分はどこに居るのですか。その2 過去の続きの内容を書きたいのですが、

ちょっと後回しにします。

今日は、いかのような内容です。

読んでいただけたら、うれしいです。

《問いかけ・働きかけ229》ー教育・愛シリーズ
「どうして一歩も前に進めないのでしょう?」

声をかけてもらって、
行動するように促されたのですが、

なかなか、一歩が出ないのです。

よくよく考えてみると、

苦手なのだと思い知ったのでした。

行動化。

やってみること。

肉体を使って実際に行うこと。

動けないのです。

自己実現するためには、どうしてもやらないといけないとわかっているのに・・・・。

どうしても、動き出せないのです。

「何がストップさせているのですか?」

と自分に、

質問してみました。

できない。

私にはできない。

そんな声が聞こえてきました。

苦手なこと。

到底できないと思い込んでいること。

経験不足。

成功体験がないこと。

ハードルが高いですよね。

ストップさせているのは、
やりたくないと押しとどめる気持ち、感情、心だったのです。

心がワクワクしない。

心がギュッと閉じていて、ストップをかけているのです。

心が重く、考えすぎているから。

これではだめだ。

結論が出ました。

諦めるというより、
その道は選択しないと決めたのでした。

すると、

心が軽くなり、ルンルン! ルンルン!!!

興味・関心、好奇心。欲求、意欲、やる気。

何事に対しても、100%は必要ないのです。

1自分が得意なこと。

2自分が好きなこと。

3もっとできるようになるにはというような、問題意識が湧いてくること。

4真剣になれること。

5できるなあという感覚が持てること。

1から5。

誰にでも、きっと、見つかるはずです。

苦手なことは手放してもいいと確信しました。

あれもこれも、ではなく、

『ひとつのこれ』が見つかって、打ち込めることに価値があります。

だんだん、発展していくと、

だんだん、成長していくと、幸せ感いっぱいに。

ストレスは感じないし、生き生きと、やりがいが生れました。

喜びも持てるようになり、周りにもいい影響がありました。

それこそが、輝いている姿でした。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_17513155.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2017-12-04 17:53 | 意志と愛 | Comments(0)

「同じ理念、理想を掲げていても、ずれていると感じることはありませんか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)

《問いかけ・働きかけ231》ー教育・愛シリーズ
「同じ理念、理想を掲げていても、ずれていると感じることはありませんか。」

何かが違うと感じていました。

そこに居る人たちは、

口をそろえて、同じようなことを言うのです。

納得できるなあ~。

いいなあ~。

素晴らしいなあ~。

これが正直な感想なのでした。

そのようになったら、うれしいなあ~。

未来が開けて、明るい感じです。

ところが、

具体的な方策、手法では、

どこかが違うように感じるのです。

それはそれ。これはこれ。

そういう世界なのかも???

理想や理念は、あるのですが、

現実的に、生かされているのでしょうか。

それが、頭から離れなくなってしまいました。

理念や理想は具現化されているにはいるのですが、

本当にそれでいいのかなあと疑問がうまれ、

とても不安になってしまったのです。

これでいいのかなあ。

自問自答を何度も繰り返していました。

そう考えると、

目的や目標がずれていくのでした。

そうなると、

ここに私の居場所はないと感じ始めたのでした。

諦めてしまおうかとも、思ってしまうほどに。

ずれを率直に出し合い、受けとめ合えるとしたら、

新しいものが生れるはずなのです。

言わずにはいられない、やきもきした気持ちになっています。

そこで、私は、

試してみたくなったのでした。

考えていることを言葉にしたのでした。

言ってみてよかった。

ここだけはというところ。

ここだけは確認し合いたいところ。

確認し合うことができたのでした。

それは、行動化するための土台になることだったのでした。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_23440575.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2017-12-01 23:46 | 意志と愛 | Comments(0)

静かな満足感・達成感を味わうのは心地よくありませんか?

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です



互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ230》ー教育・愛シリーズ
「静かな満足感・達成感を味わうのは心地よくありませんか?」


孫がミニバスの試合で、敢闘賞をいただきました。


4年生ですから、

基礎的な試合運びやその活躍度を

監督が判断して、

各参加チームでひとり選出されて、

励みにするということらしいです。



その結果を、姉、父、母、じーじ、ばーばたち、

家族そろって、嬉しさを隠しきれませんでした。



ところが

本人はいたって冷静。



嬉しいには違いないと思うのですが、

もう終わったこと。



切り替えて、

次の段階に進んでいるような感じなのです。



余韻すら残っていない。



ひそかな自信となって、達成感を味わっているかのようです。

応援団長の母は、にぎやかに声援を送り、

嬉しさをみんなと分かち合い、

我が子の成長を自分のこと以上に、

喜んでいます。



それに誘われて、家族みんなが、ワイワイ、がやがや。

一丸となって、応援する家族応援団となったのでした。




応援団長の母はというと、

練習から帰ってきた彼女の

練習での出来事を、

詳しく聴いてあげるのが日課でした。



ひとしきり話さないと落ち着かないらしく、

必ず、話しているようでした。

想像するに、

一日の練習の様子、感想を、

母親に話すことで、

振り返っているようでした。



ひとしきり話して、

うんうんと聴いてもらって、

すっきりして、

次の日は楽しそうに練習に出かけるのでした。



こんな毎日を過ごしての、敢闘賞なのでした。


二人三脚での敢闘賞と言っても、過言ではありません。



ほとんど毎日のように練習があるにもかかわらず、

へこたれずに続けているのです。



母に話すことには、意味があり、

小さな成長を見守ってもらっている安心感や満足感が、

彼女のパワーを引き出しているのだと思いました。



ちょっとずつやり遂げていく達成感が、

心地よさや、ちょっとの自信になって、

立ちはだかるものを乗り越え、

確かな存在として実感できるようになったとしたら・・・・。



飛躍できるようになるための

助走になるといいなあと思いました。



ひとつの出来事から、

彼女の未来を想像していました。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_23404013.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2017-09-08 23:41 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

どうして???私だけが・・・。と感じたことはありませんか


コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ189》ー教育・愛シリーズ
「どうして???私だけが・・・。と感じたことはありませんか。」



どうして???



私だけが・・・。


我が子だけが・・・。



させられている。
犠牲になっている。



自己犠牲的・・・・。





こんなに我慢しているのに・・・。


だったら、
やめてみればいい。




どうなるのか?



どんな気持ちが起こってくるのか。


試してみると。




同じパターンから抜け出せるはず。



無理をし過ぎずに。
我慢をし過ぎずに。



やってみて。



できることを見つける。




できること以外は、できないことなのだから、


思い切って捨ててみると、
以前とは違った何かが見えてくる。



一人ができることはそんなに多くないと思った。



誰にも、苦手なことがある。


我がままだ~?
自己中心的だ~?




そんな風に自分を責めているとしたら、


手放した方がいいと思った。



いつの間にか、
自分以外の誰かも、責めてしまっていることがあるから。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_19512624.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2017-08-07 19:57 | 生きる | Comments(0)

言葉はとても勇気づけることがあるけれど、そうとばかりは言えないこともありませんか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ176》ー教育・愛シリーズ
「言葉はとても勇気づけることがあるけれど、そうとばかりは言えないこともありませんか。」

言っている人は、責めているつもりはないのかもしれません。

事実をありのままに、
その人の言い方で、素直な気持ちで言っているだけかもしれません。

ちょうど、子どもが素直な心で、思うがままに話していると、
鋭い言葉で、きついことをいとも簡単に言いのけてしまうことがあります。

本当のことには違いないのです。
当人は言い過ぎているとは思っていないのでした。

グサッとくることがあります。

言われてみないとわからないことなのかもしれません。

いつも言ってばかりいる人には、
想像もつかないことだと思います。

例えば、
申し訳ないことをしたと思っているところに、
何気ない一言。

確かにその通りだけれど・・・。

傷口に塩を塗るたとえのように。

言われて内心思うこと。

それを言ってどうなるの?

あえて言っているのだとしたら、
本当によくなると思っている?

口を閉ざした方がいい場合がある。

消極的にではなく、積極的にである。

我慢しているのではなく、
その人のことを考えたら、
言わずにおこうとしているということである。

その行為に、感謝する人は多いはず。

悪いと思っているところを、
責めて、責めて、責めたとしても
嬉しいと思うはずがありません。

相手の立場に立ってみたら、
何かを感じられるはずなのに・・・。

自分のペースだけで、
自己中心的に物事を考えていると、
言い方や使う言葉を見誤ってしまうことがある。

愛の欠如、身勝手な愛、愛しているつもりの愛である。

相手の事情を鑑みて、
話ができる、愛の能力を育てると
人間味が感じられる人になれると思った。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_08583561.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-19 08:58 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

これは、単なる愚痴ではありませんよ

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ172》ー教育・愛シリーズ
「これは、単なる愚痴ではありませんよ。」

マイナスに思っている出来事について話していると、

悪口を言っているの?
文句を言っているの?

かと思いきや、

そうではなかったのでした。

それはなぜでしょう。

具体的な様相を話していたのでした。

話の内容は解決するための問題提起をするため
だったのです。

大前提として、

到達したい目標、ビジョンを共有して

実現させるために話しているのでした。

そこが、
単なる愚痴・文句とは大違い。

クリエイトするために、
あえて現状から、謙虚に話しているのでした。

紙一重。

どちらの方向に歩んでいるのか
どちらに舵を切りたいのか。

問われる決断なのでした。

「どうするお前は・・・。」を。

ともに手を携えて、何とかしようと。

解決するのは、

決定して、実践するのはほかの誰でもない自分だったのです。

コーチングの基本的な考え方に規っていました。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_15480137.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-17 15:48 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

この話の中の本当は何だろうか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ170》ー教育・愛シリーズ
「この話の中の本当は何だろうか。」

抽象的な言い方なのか。
比喩的な言い方なのか。

真意がわからなかった。

プラスイメージにも
マイナスイメージにも

どちらにも受けとれた。

なぜなのだろう。

この人の本当に言いたいことは何なのだろう。

未来に向けての話なのだから。

方向性のある話なのだが・・・。

とても気にかかった。

もう少し聞いてみないとわからないと思うと
聞きたくなってしまう。

聞いてみようか。


はたまた、分からずじまいにしておこうか。

謎めいている。

ミステリーなのでした。

なぞかけのようでもありました。

すっきりさせたいという気持ちと


このまま少し抱えていてもいいのかなという気持ちが


入り乱れて

小康状態。

ひょっとしたら、

煙に巻かれたのかもしれないと思った。

そのうえ、

忍者のように、逃げる時、これ以上来れないように、

道に何かをまき散らして、立ち去った感じがした。

疑問を抱えていると、

霧がかかっているように感じると、

均衡が保てないので、

何とかしようとするエネルギーが働く。

抜け出したいという気持ちと、
漂いながら、考え続けているのもいい時間かもしれないと思った。

何か学びたいものがあったのだと思った。

すぐには答えが見つからないこともある。

すでに自分のところに飛んできているので、
たとえ相手の答えを求めたとしても、

自分なりの答えを見つけないとならないことは
充分承知している。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_16025844.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-06 16:04 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

何も思い通りにならないと嘆いていませんか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ169》ー教育・愛シリーズ
「何も思い通りにならないと嘆いていませんか。」

「どんなことがあったの。」と聞かれて、

たった一つの出来事について話しているはずなのに、
語られていることは異なっていました。

その印象は人によって違います。


どんな感想を持つのかも違っていました。

感動しているのか。
満足しているのか。
それほどでもないのか。
異なっている感じ(異和感)が生まれているのか。

時には、全く違う出来事について話しているのかと思うほどに
異なっていることがあります。

それは、一つの同じ出来事であっても
見ているところ、目のつけどころが異なっているからです。

感じる心。


その度合いや質も同じではありません。

誤解を恐れずに言えば、
悲しい出来事だったのか、
あるいは
悔しい出来事だったのか


ちょっと心地よい出来事だったのか、

うそを言っているわけではないのです。

その人の真実なのです。

現実的に
一つの出来事なのに
語っていることが異なっているため、

そんな風だったのかなあと感じることが起こります。

白が黒かグレーかと言えば、
みんなが口をそろえて同じことを言うことはありえないはずです。

本来、賛成反対
肯定否定は半々だと言われています。


100パーセントはありませんが・・・。
満場一致でということも?

そんな場合は、
強制的な何か
無理をさせている何か
きっとあるはずなのです。

白いものも黒いと言わないと・・・。
そんなセリフを聞いたことはありませんか。

問題はありませんというセリフも聞いたことがあります。

みんな○○ですということは本来ないはずなのに
そうなっている場合は
恐ろしいことになっているかもしれないのです。

納得感を持って、
そこに存在しているのでしょうか。

居場所はありますか。

窮屈ではありませんか。

思い通りには、なっていないのではありませんか。

健康ですか。
幸せですか。

成功感が持てていますか。

自分を大切にしていますか

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_17171055.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-10-25 17:17 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

何となく、聞いてもらってないような気がして

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ168》ー教育・愛シリーズ
「何となく、聞いてもらってないような気がして・・・ということは経験したことはありませんか。」

とても熱心な感じに受け取れました。

とても几帳面な感じもしました。

笑顔で、物腰はやわらかく、
落ち着いた感じのいい印象でした。

確かめたいことがあったので、
聞いてみたのですが・・・。

そのことには、耳を傾けませんでした。


見向きもせずに、
向こうから要求がありました。

まずは
順番通り。
マニュアル通り。

もっと言うと、
自分のやり方で、


進めようと躍起になっているのでした。

仕方がないので、
言われる通りに、
指示通りに、
従うことにしました。

そのようにしつつも、
応えてもらえなかったことに、
未完了感はぬぐえませんでした。

質問に応えてほしかった・・・。

その気持ちを抱きつつも・・・。

変な感じを
異和感を持ったままで、
コトは進んでいったのでした。

その間中、
私の確認したいことには
とうとう応えてもらえませんでした。

お客である私のことに応えるというよりは
自分の順番で話して、仕事を進めていきたかったのだと思いました。

たくさん説明をしてくれました。

その説明ペースは自分本位でした。

その話の中に、
私の確認したかったことが含まれていたような、
いなかったような。

私の質問に、きちっと応えてもらったという感じは
持てなかったのでした。

私の応えてほしかったのは、
クローズドクウェッションで、

「○○でいいのでしょうか。」と質問し、

「はい。」か「いいえ。」かで
応えてほしかっただけなのでした。

すれ違っている感じ。

目の前にいるのに、
遠い人のように感じた。

私が聞きたいと思ったことに、
応えてくれたというようには思えなかった。

自分本位な接客で、顧客本位の接客ではありませんでした。

このことを通して考えさせられました。

きっと、
親切に、懇切丁寧に説明しているつもりだと思いましたが、

納得感が得られなかったのでした。

もしかしたら、
私も、お客様に、
今の私のような気持ちにさせてしまっていることは
なかったのか?

知らず知らずのうちに、
お客様に
一方的に話していたのではないか?

と。

お客様は
言ってよかった、
聞いてみてよかった。

そうは思えないでしょう。


満足感も持てないことになってしまいます。

お客様をもっと意識して話すことに努めないと、
喜んでいただけないと思いました。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_13072305.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-10-20 13:07 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

ふとした心の隙間に、不安が見え隠れする瞬間って、ありませんか

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ165》ー教育・愛シリーズ
「ふとした心の隙間に、不安が見え隠れする瞬間って、ありませんか。」

何気ない会話。

後で思い返してみると、

どうして、あんなことを言ったのだろう?

なんだか変な方向に話が進んでしまって、
後味が悪い感じかな?

それって、
真面目すぎる雑談かもしれません。

話をしていて、
心の中で
どんな声が聞こえてきましたか?

これって、
正解、不正解?

どうなのだろう。


こんなこと考えていたら、はずかしいのか?

こんなこと言ったら、
なんだか、見下されているのかもしれない。

影口や悪口を言われるかもしれない。

ひどいことになるかもしれない。

間違ったらどうしよう。


失敗したらどうしよう。

変だと思われるかもしれない・・・。

ちっとも、楽しくありません。

何かに惑わされ、
何かに振り回され、
何かに影響され、
何かにこだわっているのかなあ。

何かとは、自分自身の中にある何かなのです。

この何かは、
本当は心の奥でとても大事にしているはずのものです。

ところが、


不安や心配のような形で生まれてきているだけなのです。

①自分が正しいと思っているところがはっきりしていること。

②周りの人の考えや思いを受けとめられること。

この二つを大事にすれば、第三の新しいものが生まれるかもしれないと期待できます。

これでよかったと思える何かが生まれると思うとワクワクしませんか。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_19062903.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-10-11 19:08 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)