ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

感哲みえ女子会があります

これでいいのかしら????


こんなことやっているんだけど????


迷いませんか?


葛藤もありますよね。


悪戦苦闘。



何かに挑戦すると、誰にでも起こることなのです。



感哲みえ女子会では、



芳村思風先生の講演とともに、

『迷いや悩み、モヤモヤ感』など

具体的な話で、盛り上がります。



解消して、すっきり。


明日からのお仕事の助けになります。



一生懸命に生きている人たちへ。

何かに挑戦している人たちへ。

一人で悩んでいる人たちへ。


一人でも多くの方に、参加していただきたいと思います。



第10回感性論哲学を学ぶみえ女子会(感哲みえ女子会)のご案内です。

9月1日(土)14:00~16:00

津市リージョンプラザ第5会議室

男性の方も参加いただいています。

みなさん、お越しください。

今回は~人生の目的~についてです。


b0283396_19304800.jpg



[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2018-08-31 07:48 | 感性論哲学 | Comments(0)

決めつけられたら、どうしますか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング


神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ246》ー意志と愛シリーズ
「決めつけられたら、どうしますか。」


「あなたは我がままね。」

「気ままな人ね。」と投げかけられた。


思わぬ展開。


正直すぎたのかも???

きっと、傷つけたのでしょうね。


そんなふうに感じさせたのかもしれません。



至って伸び伸び、楽しんでいたはずなんですが。

何か追い詰めてしまったのでしょう。



その人にとっては思い通りに運ばなかった。

その人にとってはコントロールできなかった。

その人にとってはきっと、我慢していたのでしょうね。



だとしても、言われた本人はいい気はしなかったのです。

ちょっとの間、決めつけたセリフに惑わされてしまっていました。



きっとその人は嫌な言い方をしたくなったのだと思いました。

その人はそういう人なのだとも分かってしまいました。


どうこうするわけではありませんが、


そのことを念頭に、関係が始まったということになります。

新しい関係づくりが一から始まったのでした。


今までのようには行かなくなってしまいました。



深まっていく関係もあれば、

距離をとる関係もあります。

最悪は縁を切るというのもありなのかもしれません


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2018-08-16 19:33 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

想定外のことが起こったら、どうしますか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング


神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ245》ー意志と愛シリーズ
「想定外のことが起こったら、どうしますか。」


3か月間のお休みを経て・・・。
おはようございます。


この3か月、想定外のことがたくさん起こっていました。

それ以前も、たくさんあった気がします。
あたふたしたり、困ってしまったり。


色々甦ってきました。

そういえば、想定していたことだったよね。あの出来事は。
そう思えることもあり、随分心の中が整理できました。


起こる出来事について、経験値のみでやってきたとしたら、想定外のことが起こったら、パニックになってしまいます。


「どうしてこんなことが起こるの。」
「どうしようそんなつもりではなかったのに・・・。」

「私って、ダメだわ。」
「情けないなあ」


気持ちまで沈んで、どんどん落ち込んでしまったり・・・。


そうなったら、どうするかはまた次回に。

想定しておけば、なんでもないことなのです。


起こるべきして起こったことなのだと落ち着けるはずなのです。



想定するのは何のためでしょう.


想定しておくとどんないいことがありますか。


想定すると、
想定内のことだと、
落ち着いて行動できます。


余裕ができると、
想定外のことが起こっても、スピディーにスムーズに行動できるのでした。


そうでした。


危機管理の鉄則でした。

主体的に生きることでした。


心配だからということではなく、
必要なことと思っています。



私の夫と仕事の話をしていると、
「そう来たか。なるぼど。」
と、よくつぶやいていました。


野球部だったので、試合観戦をしていても、

次は「こうするきっと。」とつぶやいています。


息子はバスケットをやっていたので、娘のミニバスの試合へのアドバイスとして、
今、ボールが来たら、次どうするかを、3つ以上考えて走っていないと迷って、チャンスを生かせないとアドバイスをしたのでした。


二人とも、
出たとこ勝負!という感覚はないらしいです。


夫も息子も、私とぶつからないのです。

私の言動、行動は想定内なのでしょう。


私にぶつかることがあったとしたら、
想定外のことが起こっているということですね。


どんなことを考えておけばよかったのかを考える機会となります。

その出来事が、私に何を教えてくれるのでしょう。


ぶつかってしまったこと、起こってしまったことで、
身動きが取れないことばかり考えていても、前には進めません。


これは、本当は学びの機会なのです。


自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング


お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_17493323.jpg



[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2018-08-16 17:50 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

第二の誕生日


コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング


神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)



肩に力が入っています。

力を抜いて!!!



写真を撮ってもらっているとき、指摘されたのでした。

そう指摘されて、肩の力を抜こうとしても、



肩の力が抜けた風には見えないようです。



そんなことがあって、

気づいたのでした。



肩に力を入れ過ぎていたのだと。

気持ちも入りすぎて、身体に力が入り過ぎて。



いつもいつも、力が入りすぎていたのでした。

いつもいつも、がんばっていたのでした。



肩の力を抜くには?どうすれはいいの?


その方法が見つからなかったのです。



とっさの指摘で、どうしたらいいのか分かりませんでした。



2012年の出来事です。衝撃的な出来事。

2018年になって、再び思い出しました。



肩の力が抜けた瞬間を感じることができたからでした。



そして、その日を第二の誕生日と名付けました。



2018年4月30日のことでした。


ここから、この瞬間から、新しい私が始まったのでした。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング


お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_19230537.jpg




[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2018-05-14 19:24 | プレイバックシアターCOCORO | Comments(0)

刺激をどのように受けとめますか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)

《問いかけ・働きかけ243》ー意志と愛シリーズ
「刺激をどのように受けとめますか。」

色んな刺激があります。

ワクワクする刺激。

ほっとする刺激。

何か再確認できてやっぱりなと思う刺激。

など。

焦ってしまって、呼吸も浅くなっていることを感じることもあります。

特に、思わぬことが起こった時は、こんなはずじゃあなかったのに・・・。

この瞬間においても、

思わず、ワクワク、ドキドキ、喜びにつながっていく場合と、

これはいけない、何とかしなくては、このままだったら、
落ち着かないと感じている場合。

緊張して身体が硬くなり、

思わぬ方向に!!!!

そうなることは誰にでもありうることです。

どうにかしたいなあ~。

落ちつかないなあ~。

望ましくない。

想定していなかった。

そんなことになっても・・・。

起こったことに対して、対応しきれない状態なのです。

どうすれば、乗り切ることができるのでしょう。

もし、想定内だったら、
それほど驚かないし、困惑せずに済ますことができたかもしれません。

こうなったのは、経験のないことだったかも。

夢にも思わないことだったかも。

危険を察知しているのです。

こんなのもう嫌だ、逃げ出したい危険なことだ
というとらえ方をしてしまわないために、

どうしますか。

落ち着いて、落ち着いてと言い聞かせても、
そう簡単にはいきません。

今ここで起こっている刺激を、

どのようにとらえているのかを振り返ってみました。

刺激に対して、ぶつかり合っているイメージ。
刺激に対して、張り合っているイメージ。

跳ね返えそうとしたり、

ぶつかったり、

あまりに痛いので避けようとしたり、

してしまったとしたら、

大変なことととらえている証拠です。

そういうこともあるよね。

それって、もしかしたら、大事かもしれない。

心から、おっしゃる通りですと思えたとしたら、

だんだんと心が落ち着いてきませんか。

受けとめてみると、

なんとなく重要だと思えたり、
そうかもしれないということが見えてくるものです。

だんだん落ち着いてきて、

冷静になったら、その後はもう大丈夫です。

危険な刺激と感じていたけれど、

いい刺激、意味のある刺激と変化したのです。

起こったことがいい刺激となってしまえば、

大きな役割を果たしてくれるはずです。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_18513245.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2018-04-13 18:51 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)