ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

私、学校でリーダーになった!

私、学校でリーダーになった!

彼女は小学校3年生に進級しました。

新しいクラスになって、
メンバーも変わりました。


班のリーダーになったことが、
一か月たって、
初めて
学校の話をした、その内容でした。
(あまり学校の話はしないのです。)


リーダーって、何をするのと質問してみると、
○班のメンバー(4人)に知らせるの。
○班のメンバーと決めるの。
○配り、集め、予定は他のメンバーの仕事なので、それ以外は全部するの。


それ以外って何をするのと質問すると、
○みんなのことを見て。
○みんなに言って。
○・・・。


頭の中には、未知の出来事を想像して、
真剣に思い浮かべようとしているらしいのですが・・・。


言葉には、ならないようです。


彼女は何をするのかわからないことも多いようですが、
とりあえず、
自分は班のリーダーになった
ということを、私に伝えたかったようです。


小学校の3年生、班のリーダー。
侮ってはいけません。


9歳の子どもが、“リーダーになった”ことを告げたのです。


そのことが重要なのです。
そのように意識して、
当分の間は、
学校で過ごすことになります。



何が起こるかもしれませんが、
役割として自覚はできているようです。


結構仕切りたがり屋。
いつも私たちを仕切っている。
というより、
仕切って進めるように、
私たちが受け止めてきたと言っても過言ではありません。


ルール決め。
遊びの選択。
旅行の行先や交通手段。
食事の選択。
一緒に過ごしている時の時間管理。
お稽古ごと決め。
などなど。


所属感を実感し、
その意味を発達年齢に応じて把握してほしいと願っています。


班が仲よく、楽しく過ごせるように
リーダーシップを発揮してほしいものです。

b0283396_1401174.jpg

[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2014-05-08 14:01 | Comments(0)
<< リスペクト リーダーは“このままで”と言い... >>