ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

足りていないところを指摘することが指導ですか

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です.

《問いかけ・働きかけ115》―愛シリーズ
「足りていないところを指摘することが指導ですか。」

足りていないと思っているところは
誰にでもあります。

自分の苦手なところには、
誰でも、うすうす気が付いているものです。

短所と言ってもいいかもしれません。


そのことを指摘して、指導していると思っている人が、
います。

足りていないところを言われても、
わかっているけどできないんです。

と。

言いたいところです。

とても悲しくなってしまいます。

いえいえ。

腹立たしくなってしまいます。


なぜ、そんなことばかり言うの???

その人のことが情けなくなってしまいます。


私のがっかりを、
家族で話していたところ、

嫁が、
「ホント!私は悲しくなる。」
といい始めたのでした。


私たちは、

話の端々までは話しませんでしたが、

そういうことに遭遇しながら、

事態を収拾したり、
危機を乗り越えたりしてるんだと
思いを馳せました。


共感できて、
励まし合った瞬間でした。


できないことを指摘するのは容易なことです。

当のご本人は、
相手を叱咤激励しているつもりなのだと思います。

それに、
耐え抜いて、今があるという自負?誇り?を
振りかざしている気がしています。


熟練者、先輩、上司、親など、
上の立場の人が

よかれと思ってのご指摘なのかもしれません。


愛情いっぱいで、
指摘して、育てているのだと勘違いしているのです。

身勝手な愛。
相手のことを思いやらない愛だからです。

愛しているつもりの愛です。

相手には、不満となって伝わることになってしまいます。

互いにすれ違ってしまって、


どんどん負のスパイラルに陥ってしまいます。

信じ合うとか、信頼関係はつくられていくのでしょうか。


どうすれはいいのでしょうか。


ひとつ言えることは、

もっと、相手に対して、
思いやりをもって、
心遣いをして、


相手のことを尊重して、
大切に思っていれば、
こたえは自ずと生まれてくるはずです。


正しい答えは一つ
と思うことは危険です。


自分だけが正しいと思っているうちは、
指導という名の押しつけが
いつまでも続きます。


誰もが、押しつけられることは好んでいないはずです。


こうしようと思う意志とその選択は、自ら行うものですから。

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_22241145.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-05-29 22:24 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)
<< はじめからやる気は出ないのです... 向き合うことから逃げていたのか... >>