ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

カテゴリ:子育てコーチング( 1 )

「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫

親学講座~やる気を引き出す言葉のかけ方「コーチング」講座~

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】
神鳥貞子(かんどりていこ)です。

子どもを育む。
子どもへのアプローチとして、
コーチングを使おう
という講座です。

去る2月に行われました。

名古屋市実施、親学講座。
コーチングという視点で子育てをすると、
子どもにやる気が生まれるという講座です。


子どものやる気が引き出せるように
コーチングのスキルを使うのです。


コーチングのスキルを使えるようになれば、
子どもはやる気になるということです。

親と子どもがつながるコーチングのことです。



しかし、
一方的に子どもに言っていても、
やる気が生まれわけではありません。

やる気は子ども自身の中から生まれてくるものです。


親の思い通りに、指示・命令・管理しようとしても出来ません。


コーチングは”お互いに”ということが大事です。

親と子どもであっても、
双方向のやり取りであることが、
大事にされることです。


親は子どもの思いや気持ち、
そして、考え方まで、コントロールすることはできないのです。


親と言えども、
子どもを自分の支配で、
思い通りにすることはできません。


仮に、
よい子で、
言うとおりにするとしたら、
我慢しているか、
演じているか、
言うとおりにしかできないか、
考えないようにしてしまうことが重症化しているか、


そうかもしれないと、少しは思った方がいいかもしれません。



やる気とは
欲求なのですから、
自らの心の中から
湧き上がってくるものです。

唯一無二。

誰一人、同じことを思っていることはないのです。


コーチングは
ひとりひとりの答えを、
まだ見えていない心を
この世に出していくことです。

そして、

それぞれの心と心をつないでいくのです。

何か新しいものが生まれます。


とてもあたたかくて、ワクワクするもの、


期待にあふれるものです。



現実は、
そうではないということがあるかもしれません。


特に、
子どもの場合は、
答えを急がせないで、
待って、待って、
子ども自らの言葉を紡ぎだすようにします。

やっと出てきた言葉は、
その子のもの。

大切なその子らしさなのです。



たとえ、

親の思っているのと異なっていたとしても。


それを聴いてもらえて、

肯定的に受けとめてもらえるとしたら、
この上ない喜びになります。


自発性は一つひとつ紡がれていきます。



子どもは、とても大切にされていると感じることができます。
自己肯定感。
存在意義。

自分を大切にしてもらっていることを

感じることができます。



それは、
大人同士でも、
親と子どもでも、
同様です。


コーチングは
ひとりひとりの思いを引き出します。
自発性を引き出します。



コーチングのスキルの中で、
一番大事な聴くスキルを提案させていただきました。
参加者のみなさまとともに
お互いに聴くことを実感していただきました。


b0283396_16062775.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2015-03-28 16:06 | 子育てコーチング | Comments(0)