ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

<   2016年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫

30代の組織のリーダーは何を求めているのか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)

《問いかけ・働きかけ179》ー教育・愛シリーズ
「30代の組織のリーダーは何を求めているのか。」

組織のリーダーになって4か月。

つかれた~!

と言いつつ、

充実感が漂ってるように感じた。

インタビューしてみた。

自分の思い通りにできる感があるらしい。


それは判断、決断への責任感も伴うことには違いないが、
やりがいでもあると思った。

最初の3か月は一人ひとりの部下を把握するのに、
尽力したということだった。

部下を育てることを最優先していた。

部下のいいところがどれだけ見つけられるかということ。

それが組織の強みになるはず。

一つの方法として、
部下の提案はすべて聞き入れて、やってみることを重視していた。


それは、部下は気がいいと思った。

部下が生き生きと仕事をすることが最善のことだと思う。

いつまでリーダーが続けられるか。
いつも危機感があるということだった。

怖れている風には受け取れなかった。

挑戦していくという決意に聞こえた。

話を聴いていて伝わってきたこと。

リーダーの力。

①伝える力
②聴く力
③観る力
③判断する力
④尊重する力
⑤育てる力
⑥任せる力
⑦見守る力
⑧認める・承認する力
⑨社員から学ぶ力
⑩挑戦する力

これらが存在感を醸し出していた。

話しぶり、雰囲気、少なげの言葉から
受けとることができた。

今どきの若いリーダーにエールを送った。


対立より

互敬の精神で!


しなやかに

たくましく、輝いて!

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_06251298.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-23 18:42 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

命を宿している母の力はすごい、感動

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ178》ー教育・愛シリーズ
「命を宿している母の力はすごい、感動!」

母親が体調を崩した。

胃腸風邪ということだった。

下痢と嘔吐。
食欲なし。

そんな日々が14日間続いた。

内心、お腹の子どもに何かあったらと思いつつ、

自分の体が、
思い通りにならない歯がゆさや情けなさで、
どうかなりそうな気分を2週間経験したのだった。

産婦人科に検診。

母親は6キロ体重が減少。

しかし、
胎児は前回の検診から成長しているということであった。

ほっとした母親。

命はたくましく成長していた。

母は飲まず食わずであっても、
自分の身を削って、
胎児を育てたのだった。

母はお腹の子のためにと思い続けていた。

お腹の中の子の成長を願いながら、
横になって身体を休めていた母の祈る思い

我が子はお腹の中でその声を聴いていたに違いない。

元気になってよかった。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_06251298.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-21 06:25 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

心があったかいと、ゆったりしていると感じられるものがありませんか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ177》ー教育・愛シリーズ
「心があったかいと、ゆったりしていると感じられるものがありませんか。」


あまり熱くない、ぬるめのお風呂。

ああいいお湯!

そう感じるのは、
身体や心をゆったりとぬくぬくさせてくれるからなのだった。


熱いお風呂は怖い。
暗いところは怖い。

不可解なものは怖い。

凄い怖がり。

怖いものがいっぱいある。

身体が硬くなって。

肩こり。高血圧。
等々。


きっと、『怖い』心の状態で起こってくることがある。


お化け屋敷に行ったとき、
これ以上進めない、でも引き返せないと、
怖いと泣きわめいた子ども。


わあわあ泣いていたのに、
お化け屋敷を出た瞬間、楽しかったに変わってすっきりしていた。


泣いて泣いて
怖い怖いと言って、
出てきたらすっきり。


泣かずに我慢する。

怖いのに平気なふりをする。

身体が緊張する。
心も緊張する。

心が身体にうそをつくと、
変な感じ。


つかみどころのない感じ。
浮遊状態。
地に足がついていない。

バランスが崩れてくる。


自分が自分でなくなった感じ。


どうしたんだろう。
これが自分なのか。

不信。不安。恐怖が増幅。



起こったことやこれから起こるかもしれないことを

怖がらなくなってくると、


肩こりも高血圧も、
気にならなくなった気がする。

身体と心はつながっているから。


有機的相乗効果。
ホメオスタシス(平衡作用)

うすうす感じていた。



今回はかなり実感できた。


心の状態が
受け取り、感受することに
影響していることに。


ゆとりがある。
ゆったりしている。
あたたかい感じがする。


相手のとげとげしさをも、包み込んでしまう。

それって、こういうことだよね。


信じられるよ。
わかったよ。

そう思って聞いてみると、
愛おしくなってきた。


段々と関係がいい感じになってきた。

心の感受変換器が設置された。

愛があることを信じられた。


捜し歩かなくても、
ここにある。

気づいた。

感じられた。
見えた。



ここにも。そこにも。あそこにも。

幸せな気分を味わった。


伝わらないと思っていたけれど、
そうではなかった。


怖がらなくてもよかったのだ。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください



[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-21 05:56 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

「心があったかいと、ゆったりしていると感じられるものがありませんか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ177》ー教育・愛シリーズ
「心があったかいと、ゆったりしていると感じられるものがありませんか。」

あまり熱くない、ぬるめのお風呂。

ああいいお湯!

そう感じるのは、
身体や心をゆったりとぬくぬくさせてくれるからなのだった。

熱いお風呂は怖い。
暗いところは怖い。

不可解なものは怖い。

凄い怖がり。

怖いものがいっぱいある。

身体が硬くなって。

肩こり。高血圧。
等々。

きっと、『怖い』心の状態で起こってくることがある。

お化け屋敷に行ったとき、
これ以上進めない、でも引き返せないと、
怖いと泣きわめいた子ども。

わあわあ泣いていたのに、
お化け屋敷を出た瞬間、楽しかったに変わってすっきりしていた。

泣いて泣いて
怖い怖いと言って、
出てきたらすっきり。

泣かずに我慢する。

怖いのに平気なふりをする。

身体が緊張する。
心も緊張する。

心が身体にうそをつくと、
変な感じ。


つかみどころのない感じ。
浮遊状態。
地に足がついていない。

バランスが崩れてくる。


自分が自分でなくなった感じ。
どうしたんだろう。
これが自分なのか。

不信。不安。恐怖が増幅。

起こったことやこれから起こるかもしれないことを

怖がらなくなってくると、


肩こりも高血圧も、
気にならなくなった気がする。

身体と心はつながっているから。

有機的相乗効果。
ホメオスタシス(平衡作用)

うすうす感じていた。

今回はかなり実感できた。

心の状態が
受け取り、感受することに
影響していることに。

ゆとりがある。
ゆったりしている。
あたたかい感じがする。

相手のとげとげしさをも、包み込んでしまう。

それって、こういうことだよね。


信じられるよ。
わかったよ。

そう思って聞いてみると、
愛おしくなってきた。

段々と関係がいい感じになってきた。

心の感受変換器が設置された。

愛があることを信じられた。
捜し歩かなくても、
ここにある。

気づいた。

感じられた。
見えた。

ここにも。そこにも。あそこにも。

幸せな気分を味わった。

伝わらないと思っていたけれど、
そうではなかった。

怖がらなくてもよかったのだ。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_22143993.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-20 22:15 | Comments(0)

言葉はとても勇気づけることがあるけれど、そうとばかりは言えないこともありませんか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ176》ー教育・愛シリーズ
「言葉はとても勇気づけることがあるけれど、そうとばかりは言えないこともありませんか。」

言っている人は、責めているつもりはないのかもしれません。

事実をありのままに、
その人の言い方で、素直な気持ちで言っているだけかもしれません。

ちょうど、子どもが素直な心で、思うがままに話していると、
鋭い言葉で、きついことをいとも簡単に言いのけてしまうことがあります。

本当のことには違いないのです。
当人は言い過ぎているとは思っていないのでした。

グサッとくることがあります。

言われてみないとわからないことなのかもしれません。

いつも言ってばかりいる人には、
想像もつかないことだと思います。

例えば、
申し訳ないことをしたと思っているところに、
何気ない一言。

確かにその通りだけれど・・・。

傷口に塩を塗るたとえのように。

言われて内心思うこと。

それを言ってどうなるの?

あえて言っているのだとしたら、
本当によくなると思っている?

口を閉ざした方がいい場合がある。

消極的にではなく、積極的にである。

我慢しているのではなく、
その人のことを考えたら、
言わずにおこうとしているということである。

その行為に、感謝する人は多いはず。

悪いと思っているところを、
責めて、責めて、責めたとしても
嬉しいと思うはずがありません。

相手の立場に立ってみたら、
何かを感じられるはずなのに・・・。

自分のペースだけで、
自己中心的に物事を考えていると、
言い方や使う言葉を見誤ってしまうことがある。

愛の欠如、身勝手な愛、愛しているつもりの愛である。

相手の事情を鑑みて、
話ができる、愛の能力を育てると
人間味が感じられる人になれると思った。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_08583561.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-19 08:58 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

言葉にするといいこともあるけれど、そうでないこともありませんか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ175》ー教育・愛シリーズ
「言葉にするといいこともあるけれど、そうでないこともありませんか。」

考えていること・思っていることを
どれぐらい言葉にして表現しているのでしょう。

気遣い、思いやりの心で接していると、
言わない方がよいと引っ込めたり、
言葉にしないで、雰囲気を大事にすることがある。

言ってしまわないと、
気が済まないと、
言葉にしてみた。

すると、

何か、いいことが起こったのだろうか。

言い張ったことで対立したり
心が離れたり、
気まずくなって、
関係が壊れたりすることはありませんか。

相手の考えや心をえぐり取るように鋭く指摘すると
どうなるのだろう。

見えない心の壁ができてしまって、
いいことが消え去っていく気がしている。

正直に考えを言い合って、各々が正論だと論争すれば、
本当に新しいものが生れるのだろうか。

そうではない。


違っているのではないかと思うことがある。

怒り、苦しみ、劣等感、
後悔、罪悪感などが生まれることがある。

楽しい、喜び、おもしろい、
嬉しい、肯定感、幸せを分かち合っていく方が
達成感、笑顔が生まれ、成功につながる可能性が多くなる。

言葉にしなくても、あえて明確に言わない方が
互いのベクトルが合っていくことがある。

信頼関係が生まれて、
互いに大切にし合っていたら、

互いに分かち合うことができていると言える。

互いに影響し合って行動しているので、
互いに実現したいこと、実践したいことが
段々と明確になっていくことがある。

好意的に接しているので、
気心が知れるようになって
いい雰囲気になったのだと思った。

誰もが
のびのびして居心地が良くて、
居場所のある場所でこそ、
能率もよくアイデアも浮かんでくる。

確かに醸成されている。

真剣な目から学ぶことができた。

立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_07445965.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-18 07:45 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

やる気を見ようとすると

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です


《問いかけ・働きかけ173》ー教育・愛シリーズ
「やる気を見ようとすると。」

やる気になっているかのように見える状況かもしれません。

一心に、集中して、その集団は一つのことをやり遂げようとしているかのようでした。

しかしながら、


その集団の一人ひとりは

緊張と恐怖と服従で、

まるで奴隷のように行動していたのでした。

言いつけられたことを聞かなかったら、

鋭い目でギョッとにらまれ、

罵声が飛んでくる。

態度が悪かったり、反抗したりしようものなら、
排除されてしまう。

「あなたはいなくてもいい。できないのだから。」弾き飛ばされた。

押し込めることが必要なのだと思っているから。

支配する、支配されるの関係で成り立っている縦の関係

押し殺して、息をひそめていた。

一心に、集中してやり遂げようとしている集団。

そこにあるもの。
それは信頼であった。

ひとりひとりのやる気。

熱意。

共有。

共通理解。

伸び伸びして、
楽しんでやっている。

真剣に成し遂げようとしているのだけれど。

そこに何が見えるのだろうか。

求めているものではない。

甘やかしているのだ。

秩序がない。

だらだらしている。

そう見えてしまうのかもしれない。

前向きに進もうとしている未来は描けないのだろうか。

見えないのだろうか。

熱意が。

・・・・・。

横の関係に気づけないのか。

横の関係はなかなか築けないのか。

見えない人には見えない、

つながりがあるのだけれど。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_15593759.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-17 15:59 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

これは、単なる愚痴ではありませんよ

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ172》ー教育・愛シリーズ
「これは、単なる愚痴ではありませんよ。」

マイナスに思っている出来事について話していると、

悪口を言っているの?
文句を言っているの?

かと思いきや、

そうではなかったのでした。

それはなぜでしょう。

具体的な様相を話していたのでした。

話の内容は解決するための問題提起をするため
だったのです。

大前提として、

到達したい目標、ビジョンを共有して

実現させるために話しているのでした。

そこが、
単なる愚痴・文句とは大違い。

クリエイトするために、
あえて現状から、謙虚に話しているのでした。

紙一重。

どちらの方向に歩んでいるのか
どちらに舵を切りたいのか。

問われる決断なのでした。

「どうするお前は・・・。」を。

ともに手を携えて、何とかしようと。

解決するのは、

決定して、実践するのはほかの誰でもない自分だったのです。

コーチングの基本的な考え方に規っていました。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_15480137.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-17 15:48 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

どれぐらい自己実現していますか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ174》ー教育・愛シリーズ
「どれぐらい自己実現していますか。」

小学校4年生は二分の一成人式。
小学校5年生になって、ドリームマップの実施。

これまで生きてきたこと、どのように過ごしてきたのかを振り返る。


そして、


これからどのように生きていきたいのかに思いを馳せる。

自分を振り返り、
自分と向き合って、
今この時点で、将来をどのように思っているのか。

節目をつくろうと

キャリア教育を
今学校では行っている。

とりあえず、
今の時点でと言われても、

なかなか思いつかないのが現状。

具体的に
イチローみなたいになりたい。
とか
お父さんの後継者として医者になると決心している子もいるにはいるが・・・。

しかしながら、


ぼやっとして、わからないと思っている子もたくさんいると思う。

未来といっても、

今自分がやれていることが元になって、

これからを考えることになるので、

どれだけ自己実現を意識しているかどうかということになる。

これまで、
そんなことは何も考えないできたと言っても過言でない
子どもにとっては雲をつかむような話となった。

一時間ぐらい、
インターネットで検索していても、なかなか決まらない。


『13歳のハローワーク』村上龍著にも関心がない。

自分がやっていて好きなこと。
自分がやっていて興味・関心が沸いてくること。
自分がやっていてこれはできると思えること。

など
あげていくと

今まで何をやってきたのかを振り返る機会になった。

と同時に、

これからに向かっていける可能性が持てることに、
少しづつ具体的なイメージが浮かんでくるようになってきた。

仕事と生き方の両面から話していた。

今置かれている状況や性格や人柄など、
その子らしさによって違うとは思うが、

生き方の方にシフトしていた。

具体的な仕事となると、
イメージがなかなか持てないのかもしれない。

今後、少しは、
やってみて、どんな実感だったのかを意識することができるようになるのかもしれない

と期待した。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_15312128.jpg
b0283396_15323132.jpg
b0283396_15323132.jpg
b0283396_15323132.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-17 15:33 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

ニョキッ!と出てくるのが思いやり、気遣いではありませんか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ171》ー教育・愛シリーズ
「ニョキッ!と出てくるのが思いやり、気遣いではありませんか。」

平生は、ごく普通に。

一緒に過ごしているだけで、

安心して、

健やかに過ごしているのです。

ですから、

思いやり、心遣い、気遣いは自然に起こっていて、

ことのほか意識せずに過ごしているかもしれません。

当たり前の風景が
ありきたりの景色が
いつものようにそこに存在しています。

平和な光景。
心地よい、何気ない景色です。

とても居心地がよいのです。

自分らしく、やりたいことができていて、

生き生きとして、

ゆったりと、それぞれを活かしあって過ごせているのです。

ところが、

そうはいかない危機的状況に見舞われます。

危機回避。

危機管理。

その時どのように行動するのでしょう。

自分のできること。

何らかの判断がどのようになされるのか。
それが一番の問題です。

その集団の真価が問われます。

知らなかった。
どうしたらいいかわからなかった。

これは問題外。

集団の一員というにはほど遠いと思いました。

危機的状況をまるで感じていないからです。

危機とは、この場合、

お母さんが苦しんでいました。

子どもは、心配で心配で、
でも自分たちでどうすることもできなかった。

その時どうするか。

泣いているか。
困ったままでどうしようどうしようと手をこまねいているか。

動き出せないのでしょうか。

自分たちのできたことそれは・・・。

長女が大人に知らせたのです。
自分たちでなんともできないときは大人に助けを呼ぶことを思いついたのでした。

リーダーとしての体験でした。
全体の状況を冷静に見て、
判断し、実行する体験は、

だれにも頼れない長女の役割だったのです。

「お母さんがもどして、くるしそう。」と伝えたのでした。

兄弟姉妹の一番上は、
否が応でも、リーダーとしても役割を多く体験することになります

・全体を見る。
・今必要なことは何か。
・冷静で孤独な雰囲気を漂わせている。
・誰が何を食べたがっているか。

誰かのためにと考えていることが
自分のことを考えていることと重なって、

そうすることが、

喜びになっていると思った。


ニョキッ!と出てくる思いやりや気遣いが。

身体の中にあったはずのものが、
ニョキッ!と出てきたのでした。

とっさに。

思いやりや気遣いはニョキッ!ニョキッ!と次々と
出てきて、広がっていったのでした。

ニョキッ!ニョキッ!、それが互いに起こっていたのでした。

こんな危機的状況になって、
何とかしないとと強く思うことで、
リーダーシップを発揮せざるを得ないことになったのでした。

その時、彼女が思いついて行動したことで、
展開されていく経験を積むことで、
リーダーとしていつの間にか育っていくのだと思いました。

自分のことも大事にして、
バランスよく育ってほしいと願った。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_16263952.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-11-09 16:26 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)