ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

反省という言葉をどのように受けとめていますか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)

《問いかけ・働きかけ242》ー意志と愛シリーズ
「反省という言葉をどのように受けとめていますか。」

規則正しい生活をしなければいけないと言い聞かせつつ、

どうしても、夜中の2時ごろは、
しーんとしていて、ゾクゾクする時間になっています。

そこで、

時間の使い方を、
もっと自由にしてもいいよね。

という許可を、

自分自身に与えることにしました。

健康に悪い。


規則正しい生活を周りの人たちはやっている。


それができない私は、間違いなのかも。

早寝、早起き、


決まった時間にお風呂。

食事の時間は決まった時間に。


洗濯は朝早くする。

決まった。
決まった。
私に押しよせてくる言葉です。

決まった時間にできないことを反省。

改めて、『反省』とは、どういう意味かというと、以下の通りです。

【反省】
 普通のとらえ方や自分の普段の行動・あり方を振り返って、それでよいか考えること。

それでよいか考えてみると、

普通のようにやれていない自分はよくないということになっていました。

暗くなり、夜になったら、寝る。

お日様が昇り、明るくなったら、起きる。

当たり前のことかもしれません。

それが当たり前にできないことに、


ず~っと、ず~っと。

できないんだ私は。

できる時もあるけれど、

いつも同じようにできないんだ!!!

寝静まった時、

あるいは逆に、

夜が明けない頃に起きた時、

なんだか、ゾクゾク。

起きて、何かしたくなるのです。

規則正しい生活は優等生の生活。
道を外れる生活は劣等生の生活。

そういう考え方を持っていると、

劣等生の劣等感。
劣等生の罪悪感。

それでも、ゾクゾクには勝てないのでした。

いくら反省したところで、


劣等感、罪悪感を持ちながらも、

決まった時間に、
決まったことが

できないのでした。

反省を繰り返しながら、
半人前の私なのだと感じながら、


日常生活を・・・。

この窮屈さを何とかしたい。


私はできないことを強いられているような気がするのでした。

何度もやり通そうと努力をするのですが、
その都度、体調を壊すのでした。

やっとのことで、


今までの重荷を手放すことにしました。

私にはできないのだから無理。
だから諦めるという考え方には、抵抗があったのです。

ですから、

『私は、自分の時間を自由に使うことを選択する。』と考えることにしたのでした。

反省したとしても、
未来につながっていかないことだったのです。

そんな時は、

『よくない』というのではなく、

『これにする。』と自分で決めることにしたのでした。

自分で決めればいいのだ。

周りを気にし過ぎ、

誰かが決めたことを守らなければと思い過ぎて、

私には、そう簡単にはできないことをやろうとして、

できない私を責め続けていたのでした。

反省したところで、

改善できない場合は、

反省している事柄そのものを、

見直す必要があるということでした。

考え方を手放す、思い込み、とらわれを手放すことは、

新しい自分を生きることなのだと感じたのでした。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_15131771.jpg


「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2018-04-05 15:13 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

存在を意識できる時はどんな時ですか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)

《問いかけ・働きかけ241》ー意志と愛シリーズ
「存在を意識できる時はどんな時ですか。」

「私はここにいます。」と言いたいのです。

様々な方法で、知らせています。

生まれたばかりの赤ちゃん。

大声で泣いて、嫌なことは伝えます。


お腹が空いて、困っていると伝えます。


うんこしたよ~も、泣いて教えます。


怖いよ~も、泣いて知らせます。

泣くだけで、ほとんどのことを伝えることができます。

それは、受け取る側のお母さんや育てている人が、

赤ちゃんの伝えたいことを、言葉でなくても、

感じることができるからです。

赤ちゃんは、自分の存在を受けとめてもらっていることを
充分に感じることができています。

大人になって、

自分の考えや思いをしっかりと言葉で伝え合わなくても、

互いの意志疎通があると、

互いの存在を充分に感じ取ることはできます。

安心感と安全な環境の中で、

落ち着いて、穏やかに、過ごすことができます。

ちょっとした拍子に、疎外感を感じることがあります。

私が話しているのに、ちゃんと聴いてくれない。

私が困っているのに、誰も気づいてくれない。

私がひとりぼっちなのに、誰も声をかけてくれない。

どんどん、寂しくて、残念で、みじめな気持ちを味わうことになります。

どうして!

私はここにいます!!

誰も、気づいてくれない!!!

そんな気持ちになった時、

私の存在は!

今ここにいる。

にもかかわらず、

存在を意識できない時、どんな姿となっていますか。

私ここにいるよ。

とは、言えない時、

怒ってしまって、

泣いてしまって、

拗ねてしまって、

いじわるをして、

存在感を表現することがあります。

それは、

私はここにいます。

ということですから、

気づいてあげましょう。

言葉をかけると、

きっと、心が軽くなって、笑顔になって、

いい雰囲気が生まれます。

心地よく過ごせている人がまた一人増えました。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_16533649.jpg


「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2018-04-01 16:53 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

どんな風をも、受けとれますか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)

《問いかけ・働きかけ239》ー意志と愛シリーズ
「どんな風をも、受けとれますか。」

今吹いてくる風を、

どんなふうに感じているのでしょう。

あたたかい風なのでしょうか。

強い、冷たい風なのでしょうか。

涼しい、さわやかな風でしょうか。

時には、あっけにとられるくらい、急に吹いてくると、
いきなりすぎて、戸惑って、
身構えてしまうことがあります。

また、その時の、心もちでも、随分、感じ方は異なっています。

今日はやけに冷たく感じるなあ~。

と感じた時、

おそらく、心がさみしがっていたり、
落ち込んでいたりしているのかもしれません。

やけに孤独を感じることだって、ないわけではありません。

自分の心に影響されるその度合いは、

今の私を知る、

ひとつのヒントを投げかけてくれるものですね。

自分で自分に
「お疲れですね。」
「心さみしいみたいですね。」
「何か心配なこととか、お困りのことがありますか。」

と問いかけてみたくなって、

「そうですね。」
「実は、もやもやしていて・・・。」
「心がざわざわして、落ち着かない感じがしているのです。」
「ちょっと、話してみたくなっていて・・・。」

のような展開になっていくことがあります。

人はそれぞれの、思いや気持ちを持っています。

そして、

その時の状況によっても、さまざまな感じ方をしています。

伝わらないと感じると、どぎまぎすることもあります。


伝えたいのに・・・。と思うと、
その時、相手にはどんな風に感じさせているのでしょうねえ~。

強風注意報発令!

になっていなければいいのですが・・・。

伝わると、
共感が生まれると、
受けとめてもらえると、


安心感や快感が広がります。

伝わってほしい、分かってほしい、認めてほしいと、
誰もが思っています。

ところが、現実の中では、ややもすると
混乱状態が、起こっていることになりかねません。

ピンチ!

でもね。チャンス!

そんな時こそ、相手のことを知ることができるのです。

その人の世界を知ることができるいい機会なのだと思うのです。

それぞれが、それぞれの世界を持っていて、
それぞれの言葉で、語るのですから・・・。

その人の思いとして受けとめることが、
その人を認める優先順位の第一なのです。

何かを期待するあまりに、
言いたくなってしまうと、
逃げられてしまいます。

微妙に異和感、かなりのずれ、戸惑うことなどがあると、
すり合わせをしたくなります。

一般的なことかもしれません。

しかし、

すり合わせると言っても、

力関係が働いてしまうと

公平な、対等ではなくなってしまった場合は、

逃げるしかないことも起こり得ることになってしまいます。

それぞれの思い、価値観、生き方、生き様。

それぞれのものなのですから。

すり合わせて、解決できずとも、
前よりは、知り合うことはできると信じています。

この基本原則をどこまで保持できるかが

人間力ではないかと振り返っています。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_08203811.jpg




「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2018-03-27 08:21 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

生きることを実感していますか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です


互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ238》ー意志と愛シリーズ
「生きることを実感していますか。」


生きることは、変化すること。


それは、自分自身が育つこと。


それは、成長すること。



選択、決断するその時点で、

以前の自分は手放し、今の自分が一歩進んだことになります。



意識しているか、無意識なのかは、あいまいなのです。

明らかに違っているのです。



今、正に、この瞬間から、新しい道を歩み始めているのでした。



その決断を、応援してくれる人。
その決断を、危うさと感じる人。



変化させながら、
成長していくのです。

自ら成長していくのです。



身体の成長。
考え方の成長。
心のあり方の成長。



心と身体と考え方は、どれ一つ切り離すことができません。


心が喜んでいると、
身体も元気になります。

そして、考え方もしっくりきます。



逆に、



ストレスを抱えていると、

窮屈な環境だと感じます。



嫌なことをやらされていると、

積もり積もって、病気になってしまうことがあります。



嫌なことは誰でも避けたいのです。


痛いことはつらいのです。



我慢して生きるのですか。



それよりも、心が喜んでいること。

身体が楽しいと言っていること。

しっくりくることを見つけてみると、

生きている!と実感が持てるのです。



たった一度の人生だからと、

決断した人を応援しています。



その決断は・・・。

自分だけのためではありませんでした。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_17495445.jpg


「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2018-03-26 17:50 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

今起こっていることをそのままにしておけない。どうしたらいいの?

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です


互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ237》ー意志と愛シリーズ
「今起こっていることをそのままにしておけない。どうしたらいいの?」


『今起こっていることをそのままにしておけない。』


ということは、


『問題』が起こっているということですね。



人によっては、

今起こっていることは、

それほど気にならないという人もいれば、


大変なことになったとかなりあわてている人もいます。



問題が起こったという風に感じている人には、



『問題』であり、



そのように感じていない人にとっては、

そうではなく、気にならないことなのです。



問題解決の方向にベクトルを向けられるのは、


今起こっていることが『問題』と感じられたからなのです。



『問題』は、問題視できる人にしか起こらないし、

必ず解決できるものであると言われる所以でもあります。



『問題』が起こると、

より良い方向に解決できるわけですから、



『問題』から目をそらさずに、

乗り越えていくための方策を考えだすことは


とても意味あることなのだと思います。



『問題』に気づく感性は素晴らしいと思っています。



『問題』に気づいても、見て見ぬふりをすると、

逃げ癖、向き合わない癖がついてしまうのではないかと

危機感を持ってしまいます。



小さい問題にも気づき、

ちょっとしたことであっても

解決できて、ほっとすると、


解決できてよかったと実感できます。



そんな体験を増やしていくと、

素敵な経験を積み重ねていくことができます。



問題から逃げずに、
問題を解決して、
問題を乗り越え、


解決する心地よさを実感することこそ、



生き生きと生きることだと思えたのでした。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_17500934.jpg


「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2018-03-22 17:50 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)