ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

卒業 4月4日

b0283396_22405935.jpg
卒業式って何のためにするのかな?とつぶやいてみましたが・・・。誰も答えてくれません。

卒業する子たちのための式です。送り出す子たちにとっては、これからは自分たちが最高学年になるのだと自覚するためでもあります。卒業生は「私たちはみなさんにバトンを渡します。」と言って卒業していきます。

卒業式当日までには、何度も練習を重ね卒業式に備えます。前日準備にも力が入ります。このプロセスは大切で、次第に、卒業するのだ、後を引き継ぐのだと思う気持ちを育んでいく大切な時間なのです。やり方を繰り返し練習しスムーズに動けるようになり、だんだん形が整ってきて、準備万端。それとともに、卒業するんだと心も引き締まり、今の自分を見つめ、自分の未来を考えるようになっていきます。やっぱり卒業生を祝福する式ですね。


私も卒業しました。私はみんなに語りました。
私は母の期待に応えることが自分の果たさなければならないことのように思って現在に至っています。母は84才で元気にしています。今もなお、母の教えは心に蘇り、私に語りかけてきます。私にとって母親とはそういう存在なのです。
小学校の頃を思い出すと、母はたいへん厳しい人で、私に頑張ることを求めてきました。よく反抗的な態度をとって、口論し、逃れようとしていたことを思い出します。でも、そんなやりとりをエネルギーに変えて現在までやってこられたのではないかと思うときがあります。母に弱音を吐くことはできないと心に決めていきてきたような気がしています。
○くじけそうになってもあきらめない気持ち
○こつこつと努力することの大切さ
○自分が勝負しようと決めたことには負けない気持ち
○挑戦する気持ち
○苦しいことを乗り越えていく気持ち
などを教えでくれました。今私がこのように存在しているのは、きっと母のおかげなのだと思えるようになり、感謝しています。

今私は、卒業していいんだと思えていて、心が軽くなっています。
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2012-10-19 22:41 | Comments(0)

春の訪れを知らせる梅の花 4月2日

b0283396_22354330.jpg


自然豊かなこの地では、厳しい寒さをくぐり、暖かくなり、また寒さが戻っても、美しく花を咲かせ、春がすぐそこまで来ているよと知らせてくれます。冷たい空気もなんその、私はたくましく、凛と咲く梅の花ですと語りかけています。
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2012-10-19 22:36 | Comments(0)

あいさつ 4月1日

b0283396_22255548.jpg


さわやかに、笑顔で、あいさつを交わすことができたらいいのにといつも思います。

あいさつをしても、もし相手のあいさつの声が私に届かなかったらと思うと、認められていないような感じがして、さみしくなってしまうのが怖くてできない頃がありました。

にこっと笑って、私からあいさつをするのを続けていると、いつしか、だれもがあいさつを返してくれているのに気づきました。たとえ、あいさつが返ってこなくても、あまり気にならなくなったのです。そのころから、あいさつが楽しくなり、知らない人にも自分からあいさつをしているのです。

あいさつをすると、あいさつが返ってくると、私自身がとても元気をいただいていると思えるのです。

怖がっていた自分が、今はあいさつをして元気になっています。
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2012-10-19 22:27 | Comments(0)

孫とドラえもんの自由研究

夏休みが後十日余りとなった。

小学校一年生の孫は、夏休みの宿題をほとんど終えている。


未完了ではない、心地よさを充分味わっている。


宿題以外は特別なことはほとんどしていない。
遊ぶことを大事にしている。
特別にやっていることはピアノの練習だけである。

終了したことで、充分自分に納得している。


自由研究には手を着けない心づもりらしい。
やる気になっていない。
その心に火をつけようと、私は内心わくわくしてきた。

電話をしてみたが、
あまりやる気がないようだ。
自由研究への関心はなさそうである。


朝日新聞のドラえもんクイズに興味を持っていたことを思い出した。
ついこの間、夏の青空と綿菓子のような雲の話をしていたことを思い出した。
カメラにも興味を持っている。

この三要素で何とかならないかと考えた。
つまり、ドラえもんクイズと雲とカメラである。


電話で誘っても、なかなか乗ってこない。
朝日新聞を持って、孫の家に乗り込んだ。


まず、新聞のドラえもんクイズで遊んだ。
次に、お互いにドラえもんになってクイズを出し合った。
私がドラえもんになったとき、「雲はどのようにできますか。」
と質問してみた。
答えは「煙突の煙が空に上がって、雲ができる。」と言う。
「本当ですか。」と、尋ねると、自信を持って「そうです。」と断言する。



面白くなってきた。


よし!これに乗っかろうと私は決めた。
「どこかに煙突は見えますか。」とドラえもんの私が尋ねると、
「ここからは見えません。」と答える。・・・。


「それでは、煙突を探しに行きましょう。」
「カメラを持って。見つけたら、見逃さずにカメラで撮ってね。」
「証拠写真を撮ってね。」
孫にとっては突然ですが、私は仕掛けた。
そして、暑い盛りのドライブが始まった。


今日はたくさんの、形の違う雲が四方八方にあった。
雲を探し求めて、橋の上から、新しくできた見晴らしのよい道路から、海から、マンションから、たくさんの雲を撮った。
孫は雲をカメラに収めるのに、だんだん夢中になった。


家に着くと、
「煙突はなかった。」と言った。


パソコンで、撮ってきた雲を見て、
「楽しかった。」
「木と家と雲はきれいだった。」と満足そう。


煙突の煙でなかったら、雲は何からできるのか。
疑問は継続している。


今日見て、発見したことや気づいたことを生かして、雲の美しさとともに雲の不思議を解き明かすことができるのだろうか。


今日一日の楽しい活動が生かされるまとめができるとよいと思う。
まとめが楽しみになってきた。

b0283396_22161484.jpg

「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2012-10-19 22:17 | Comments(0)

復活 マイブログ

ブログを少しの間、書くのをやめていた。
幸福の意味をさぐってきた私。

これまで、前向きに考えてきたが・・・。



少しの間、ちょうど2か月ぐらい。

私はトーンが下がっていた。



幸せにつながる、お休みだったと思えるようになってきたので、このブログを再開することにする。


コーチング グラン・ジュテを立ち上げたのが、7月8日だったので、3か月以上経った。

今は再び、

人は跳べる! あなたの気づける力・愛・言葉があれば!!!


この軸がぶれないように、安心して話ができる 充実した環境を提供していこうと考えている。
それが私の使命である。

b0283396_21541459.jpg

「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
# by harukakkr | 2012-10-19 21:55 | Comments(0)