ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

タグ:乗り越える ( 41 ) タグの人気記事

「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫

今どこに居るのですか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です


互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ236》ー意志と愛シリーズ
「今どこに居るのですか。」


今、どこに居るの?


実際には、家の中に居るのです。



心はどんな様子なのでしょう。



楽しいのでしょうか。
ゆううつなのでしょうか。



今にも動き出したいほど、心はウキウキ。
それとも、
どんよりとした重々しい気分なのでしょうか。



心もちは変化します。



できれば、

明るい気分で、

元気に、楽しくしていると、

周りも笑顔になっていきますよね。


孫(次女)の言葉

『自分やみんなが笑顔だと、クラスや学校が明るくなって、

さらに、笑顔がふえるからです。』


彼女の言葉に元気をもらいました。


b0283396_14485040.jpg

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2018-03-19 14:49 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

《葛藤と選択6》 相手の人の印象。

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です


互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《葛藤と選択6》

相手の人の印象。


好印象とそうでないときがあります。



好印象の時は、
自分のどこかにぴったりきて、


うん。そうそうと感じることができます。




でもね。



そうでないときは、きっと、今の自分が感じていることとは、
遠いのかもしれません。



その時、

どうするのか。



もし、自分が正しくて、
相手がまちがっている。


そんな風に考えていて、



何とかわからせようとしたり、
何とか正そうとしたりしたりしたら、


いい関係は築くことはできないのです。



頭ではわかっているのですが、


なかなか難しいです。



「ええ~???!。」と感じた瞬間から、心が・・・。



頭の中全体に広がっていく???があることに気づきます。



相手とは、家族の場合。

夫。

子ども。

親。


一歩外に出れば、たくさんの人たち。



その時その時の出来事の中で、何かを互いに感じているものですね。



疲れるから、あまり人とは会いたくないと言って、引きこもっている人もいます。



疲れることもあるけれども、

相手に合わすことが難しいとしても、

相手に合わす必要もないと思うけれど、

我慢することもないと思うけれども、


自分らしくでいいと思いますが・・・。




ちょっとだけ、
その人に添ってみて、
気遣ってみて、
話を聞いてみるというのもあります。



だんだん、その人のことが感じられるようになったら、嬉しくて。



心が喜んでいるかどうかが、


試みてみてよかったかどうか。


ということになりました。


はじめの印象がちょっとだけ、変わる可能性がありますよ。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング


お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください



※絵は福島康司様が描かれました。

b0283396_12321924.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2017-12-02 12:35 | 生きる | Comments(0)

「同じ理念、理想を掲げていても、ずれていると感じることはありませんか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)

《問いかけ・働きかけ231》ー教育・愛シリーズ
「同じ理念、理想を掲げていても、ずれていると感じることはありませんか。」

何かが違うと感じていました。

そこに居る人たちは、

口をそろえて、同じようなことを言うのです。

納得できるなあ~。

いいなあ~。

素晴らしいなあ~。

これが正直な感想なのでした。

そのようになったら、うれしいなあ~。

未来が開けて、明るい感じです。

ところが、

具体的な方策、手法では、

どこかが違うように感じるのです。

それはそれ。これはこれ。

そういう世界なのかも???

理想や理念は、あるのですが、

現実的に、生かされているのでしょうか。

それが、頭から離れなくなってしまいました。

理念や理想は具現化されているにはいるのですが、

本当にそれでいいのかなあと疑問がうまれ、

とても不安になってしまったのです。

これでいいのかなあ。

自問自答を何度も繰り返していました。

そう考えると、

目的や目標がずれていくのでした。

そうなると、

ここに私の居場所はないと感じ始めたのでした。

諦めてしまおうかとも、思ってしまうほどに。

ずれを率直に出し合い、受けとめ合えるとしたら、

新しいものが生れるはずなのです。

言わずにはいられない、やきもきした気持ちになっています。

そこで、私は、

試してみたくなったのでした。

考えていることを言葉にしたのでした。

言ってみてよかった。

ここだけはというところ。

ここだけは確認し合いたいところ。

確認し合うことができたのでした。

それは、行動化するための土台になることだったのでした。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_23440575.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2017-12-01 23:46 | 意志と愛 | Comments(0)

血気盛んは張り合いになるのですか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ188》ー教育・愛シリーズ
「血気盛んは張り合いになるのですか。」


血気盛んという言葉は嫌いではありません。


勢いがあって、夢中になって、前向きで、
熱い気持ちが伝わってきます。


ともすると、
激昂することがあるかもしれません。



意見を戦わせながら、
結構、感情が前に出ている姿も目に浮かびます。


頑張っているなあ。


活力、やる気がみなぎっているなあ。


そんなイメージです。



独りよがりになっていなければよいのですが・・・。


あまり自分を出し過ぎると、
周りが見えなくなってしまうことがあります。



周りのみんなのことを考えようとするならば、

周りからも、
自分自身からも


今より、距離を取って、


私のやっていることどうなんだろう。


周りを気にしすぎるということではないのです。



自分のことを
自分の気持ちを


客観視すると、もっと違う自分に気づくことがあります。



アクセルを踏んだのにブレーキをかける。


一緒に踏むと、どんなことが起こるのでしょう。


白い煙がいっぱい出て、立ち往生します。



苦しくなって、葛藤して、迷って。


歯がゆい自分に向き合って、じりじりした気分。



諦めるかやり通すか。


結局、やり通すことになることが多いのです。



この時間とプロセスがあるから、

繰り返しで、局面を乗り切ることができたと思ったのです。



ブレーキを踏んでしまう自分が嫌で、
どうにかならないのかと

心が重いと感じていました。



やっと、

ブレーキを踏んでみるのも大事だと思えるようになりました。


実は、乗り切った時は、もっと先のことまで見えてしまっているからです。



アクセルとブレーキ。

葛藤することです。



それもまたいいのだと思えたのでした。


一緒に踏んでしまう、その時間。その出来事。その場。


実は大切な時間だったのでした。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_19192805.jpg




[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2017-08-07 19:29 | 意志と愛 | Comments(0)

自分と向き合う場って、大事だと思いませんか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ166》ー教育・愛シリーズ
「自分と向き合う場って、大事だと思いませんか。」

自分は何を大切にしてきたのだろう。
何を大切にしているのだろう。
何を大切にして生きたいのだろう。

過去のこと。
現在のこと。
未来のこと。

毎日の出来事。

起こっている事実を、
どのように感じ、どのようにとらえ、
私たちは生きているのでしょう。

今ここで、起こっていることは、
自分にとって、
何かを教えてくれているのです。

きっと学びの機会となっているはずなのです。

忙しさを理由に、
スーッと通り過ぎてしまうことがあります。

感じたり、
充分味わったり、

深く、深くとらえたり、

そんなことを怠ってしまうことがあります。

考えずに、
感じずに、

やり過ごすことだってできます。

イライラ感や心もとないことを、
愚痴や悪口として言い放ったとしても、

その言葉は、きっと自分に返って来てしまうはずです。


いい気分では過ごすことはできません。

嫌な自分と出会うだけなのです。

起こった事実をどのように感じているのかは
人それぞれです。

話を聴いていると、
こんなとらえ方、感じ方があるのだと、
感動させられることがあります。

異なっている!!!を実感できます。

それは

それぞれが生きているという証なのだと感激します。

10月の『Kante津❤️カフェ』。
10月21日(金)11:30~14:00ぐらい
入栄軒にて
   http://www.irieken.com/dai
あらたまった感じで、
それでいて自由で
落ち着いた、静かな雰囲気で
安心感と幸福感のある食事会です。

ご都合のつく方はぜひお越しください。
お待ちしています。

感性論哲学は、実践のための哲学です。

今回は
『変わらなくてもいい、成長すればいい』についてです。

行き詰った時
果たして自分は
変わろうとしているのか?
成長しようとしているのか?
どのように感じながら生きているのでしょう。

ランチをご一緒に。
参加費2000円(ランチ代含む)
参加をお待ちしています。
下記の連絡先
http://coaching-gj.jp/contact/index

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_23595681.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-10-13 00:00 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

コーチングで夏休みの自由研究!子どもの興味・関心を継続するには

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ163》ー教育・愛シリーズ
「コーチングで夏休みの自由研究!子どもの興味・関心を継続するには。」

夏休みの自由研究を主体的にやり遂げるには。

大人が指示・命令で押し付けたとしても、
楽しくやり遂げることは望めません。

やらされ感いっぱいで、
嫌になって、途中で放り出すか、

自由研究は作品としては出来上がったとしても、
子どもも大人もへとへとになって、
誰の作品なのかわからなくなってしまうことになりかねません。

子ども自身の課題として、
持続的に、楽しみながら、苦労しながら、
やり遂げるためにはどのようにしたらいいのでしょう。

夏休みの自由研究


大切な5つのこと
①テーマは身近なことから子どもが選択。

②調べ活動や実験で明らかにする。

③子どもが主役で研究する。

④まとめは45分~50分をひとコマで、休憩を入れて気分転換。

⑤写真や資料を生かしてまとめる。

子どもの思いや考え、気持ちに添って研究するためには、
コーチング思考で引き出すかかわりをするのが一番です。

ほとんどが質問と承認。
提案もしますが、選択・決定は子どもに任せる。


だんだん自信を持ってやり続けます。

放任せずに、
コーチングで一緒に歩めば、
初めに描いたイメージ、目的がかなえられ、
達成感を持つことができます。

子どものアイデアは斬新で、
一緒に楽しむことができます。

これぞ、コーチングのパワーです。
実感できました。

『やる気と本気と熱気』の3つの『気』を育むコーチングで。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_07163305.jpg



[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-09-30 07:18 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

過去のことが気になっているため、前に進めないことはありませんか

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ159》ー教育・愛シリーズ
「過去のことが気になっているため、前に進めないことはありませんか。」


元気な立ち振る舞い、
前向きに行動している人であっても、


心に中では、
どのように思っているのかは、


なかなか感じ取りにくいものです。


もしかしたら、・・・・・。



色々と思いを巡らしてみました。


もし、
過去のことが、
いつまでも忘れられないとしたら、・・・。


こういう時は、
過去のことでも、


気になって仕方がないことだったり、

悔しかったことだったり、
辛かったことだったり、
苦しかったことだったり、

することが多いと思います。


罪悪感を持ってしまったり、
劣等感を持ってしまったり、
恐怖感を持ってしまったり、
不安になっていたり、

ということを引き起こいていることが多いのでは
ありませんか。


揺らいでいて、
さまよっていて、
どうなるのでしょう。


過去のことに囚われていて、
一歩も、前に進めないという状態です。


そんな時は、
取り留めもなく、
あっち、こっちに、ふらふらしています。



いろんな出来事が起こったとしても、
そんな風にならない人がいます。


そんなことは言っていられないのです。


とにかく、
行動しないと、
前に進めないと、

と言っていました。


どうして、そんなことが言えるのかと、
思ったのですが、


そう言って、とどまっていない人は、
何が異なっているのでしょう。


一つ言えること。

それは、

目的はあるということです。


何が何でも、達成したい目標があるのです。

そうなると、


過去に起こったことは、
何も気にしないで、
何も考えないで、


スルーしているのかと思いきや、

全く違うのではないかと推察します。


目的のために、
目標を達成するために、

過去に起こったことを
どのように解釈するかということなのだと思いました。


何も目的がないひとは
いつまでもさまよい続けてしまいます。

一方、


明確な目的や
達成したい目標があると、

そのために、生かそうと考え始めるのです。


それが解釈力です。


積極的にとか
実践的にとか

言葉ではそのようにいってしまいますが、


どのように解釈して
今後に生かすかと考えている人と、


目標もなく、
当てもない状況の中でさまよっている人

とでは、

生きる張り合いが変わってしまいます。


いかに生きるのかの目的を
はっきり持っていることこそが、

生き生きと生きていく道しるべになるのです。


自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_14393151.jpg

b0283396_14382424.jpg

b0283396_14323768.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-09-06 14:33 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

なぜ、親と子の関係が大切なのでしょう

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ157》ー教育・愛シリーズ
「なぜ、親と子の関係が大切なのでしょう。」

子どもに対する親の決断に、
家族の周りが
疑問や不信を持ったら、
どうなるのでしょう。

周りにいる
舅や姑が
「それでいいの?」
と投げかけたら、
親はどのように受け取るのでしょう。

そして、その波紋がどのように広がっていくのでしょう。

親として、考えて、考えて、
最善の方法を決めたはずなのに、

周りから、
「それでいいの。」
と、いつも指摘されていたら、

言っている方は
それが単なる疑問であったとしても、

言われている親は
そう簡単なものではありません。

子どもを育てている親として、
責任を持って、
最善の方法を導き出して、
決断したにもかかわらず、

周りの者たちは、
「いいねえ。」

褒めたり、
認めたり、
黙って見守ったりはしなかったのです。

親は
私のやり方は間違っているのかしら、
いつもいつも異論を唱えられてしまって・・・。

こんな気持ちを持ってしまったら、
子どもを育てる自信を無くしてしまうかもしれません。

11歳の子どもを持つ親なら、
11年間の体験・経験を生かして、
子どもに最善のことを考えているはずなのです。

母親として、
父親として、
これ以上のものはないと決めた事柄に対して、

「それでいいの?」
と不信が漂うように言ってしまったら、どうなるのでしょうか。

迷ってしまって、
前に進めなくなる。

か、あるいは、

意見は違うけれどと
わだかまりを持ちつつも、押し通していくか。

どちらにしても、
何しろ、ぎくしゃくすることになります。

ぎこちなくて、
緊張状態で、
大人の顔色を眺めて過ごしていると、
子どもたちの居場所はなくなってしまいます。

なぜ周りの家族の人たちは、
言わずにはいられないのでしょう。

自覚しているかどうかはわかりませんが、

親の足りないところを指摘していると思っているとしたら、
大きな誤解なのではありませんか。

昔の私のやり方と違っているから、
正しくないと言いたいのかもしれません。

うちの家族はそんなことはやらないと主張したいのかもしれません。

とにかく、
自分のやり方と違っていると、
不安で、心配で、たまらなくなっているだけなのです。

そして、
「それでいいの?」
と投げかけてしまっているのです。

要するに
不安や心配をまき散らしているだけなのです。

恐れなのかもしれません。

そんなことしていて、どうなるんだろう・・・???。
そんなことを思っているはずです。

結局、
つながりはずたずた、
互いに疑心暗鬼になって、
暮らしていくことになってしまうのです。

一番迷惑をこうむっているのは、
当の子どもたちです。

子どもたちは、一体どうすればいいのか
わけがわからなくなってしまい、

周りの大人たちの顔色を伺って、
何も判断できなくなってしまうのでした。

家族の単位は、親子です。

そのつながりを、引き裂いたり、
切り刻んだりする行為は、
家族を壊す行為として
厳に慎むことが大事なのです。

どんな方法をとったとしても、
どんな考え方をしたとしても、

親が、最善と考えたこと以上に
素晴らしいものはありえません。

周りの家族の者は、
それを応援して、一体感を持って
未来に向かっていくことが、
幸せになっていく、一番のことだと思います。

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_20363918.jpg



[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-09-02 20:37 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

幸せはスパイラスで広がっていくと思いませんか

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ155》ー教育・愛シリーズ
「幸せはスパイラスで広がっていくと思いませんか。」


やっと娘が、心を開いて、笑顔で話してくれたと
うれしそうに話したお母さん。

長い間、娘と膠着状態だった。

悲しむことを諦めているようでもあった。

つながっていることすら、諦めかけていた。

心が沈んで、うつ状態になってしまいそうな母。

娘と母は、ぎこちなかった。

気を使いすぎているのかもしれない。

ずっと、そんな状態で、心を開いて話す機会を失ってしまったようだった。

当の二人以外は、
のびのびとして、
楽しそうに、二人と話していた。

何年かそんな状態が続いていた。

周りはあまり深刻ぶらず、
相変わらず、
幸せそうにしている。

当の二人は、
距離ができて、埋められずにいた。

ひょんなことがきっかけで、
二人は急接近!

親子ということもあって、
わだかまりは、
急速に融けていった。

当の二人以外は、
二人のことを
いつも思いやりを持って、
大切にし合いながら生きていた。

その積み重ねが、
二人の関係に、雪解けをもたらしたと思う。

直接的な批判や責任の追及は一切せずに、
二人のために、
きっかけをつくったり、
一緒に過ごせる機会をつくったり、
心を砕いていた。

あたたかい見守りが、
母と娘の関係に、心地よい風を行き渡らせていったのだと感じた。

本当に良かった。

人間は誰でも、
仲良くしたい心を持っていると言われている。

特に、母と娘なら、
できることなら、色々話して、笑い合っていたいだろう。

それが、
実際に、

現実になっていくのを目の当たりにして、

信じる心を強くした。


自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_22002154.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-09-01 22:01 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

怒り。怒っている人はとても傷ついていると思いませんか<第4回感哲みえ女子会開催>

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ152》ー教育・愛シリーズ
「怒り。怒っている人はとても傷ついていると思いませんか」


突然、怒り出す人がいます。
なんだか、イライラしている人がいます。

何かが伝わっています。

きっと何かに傷ついているのではと感じます。

どうしたらいいのかと考えあぐねます。

ここで何かを言おうものなら、

たくさん膨らんだ風船が、
針の穴程の傷つきで、
張り裂けるがごとく
限界を超える刺激で、

倍返しで、
怒り心頭することになります。

なぜそうなるのかを考えるのは『愛』です。

成育歴や体験、経験に合わせて、
今おかれている環境などによって、
その人なりの何かがそうさせたのではないでしょうか。

それが、
正しいとか間違っているとか、
いいとか悪いとか、
考えてしまって、不信感を持ってしまうものです。

自分と違っていると、
変だとか、
おかしいとか、
違うとか、
間違っているとか
人を評価してしまいます。

ますます、孤独になっていきます。

そう考える前に。

怒っている人の
心の中に何かが起きているのです。

なんでそうなの?と
疑問が浮かんだら、
それが『愛』です。

その人のことをもう少し知ってみようと思えたなら、
それが『愛』です。

怒りたくなるのもわかるような気がすると感じられたら、

怒っている人の後ろにあるものが感じられたら、

信じる気持ちが少しでも湧いて来たら、

それが『愛』です。

少しはわかるような気がする。

ちょっと許せる気持ちが湧いてきた。

いろいろあるんだなあ。

こんな気持ちが湧いて来たら、それは『愛』です。

諭しても、治まっていかなかった怒りが
周りの人のそんな気持ちが伝わって、
だんだんと静まっていくことがありませんか。


『愛』はいろいろなところにちりばめられています。

まずは、相手のことをわかろうとすることが『愛』なのです。

第4回感哲みえ女子会
今回のテーマ
『よりよい人間関係をつくる』
8月27日(土)14:00~16:00
津市リージョンプラザ第3会議室
 三重県津市西丸之内23-1
感性論哲学の創始者 芳村思風先生による
感哲みえ女子会にぜひお越しください。
※男性の方もお気軽にお出かけください。
お待ちしています。
下記の連絡先に
http://coaching-gj.jp/contact/index
お願いします。

b0283396_09085022.jpg

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください



[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-08-18 18:50 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)