ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

タグ:元気 ( 10 ) タグの人気記事

「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫

思わぬことが起きた時、どうしますか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です

互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ250》意志と愛シリーズ
「思わぬことが起きた時、どうしますか。」


思ってもみなかったことが起きることがあります。



どうしてこんなことが起きるのかしら?



起こるかもしれなかったことなのかもしれません。



どっちだっていいのです。


起こってしまったことなのだから。。。



きっと起こるべきして起こったことなのでしょう。


残念・・・。

落ち込む~・・・。



そうですよね。



気にしなくてもいいよと頭では、わかっていても、
心はどうにもなりません。



自分で自分自身をなかなか思うようにならず。。。。



心が晴れないことありませんか。



頭と心と身体は有機的につながっていますから、健康を害することにもなりかねません。




心が元気になるまで、
心はすっきりするまで、


時間がかかることがあります。



わかったと思っていたのですが、動き出すことはできないですね。



思わぬことが起きた時、



受け容れられるようになるには時間がかかることがあります。



それは大事な時間なのです。



自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_07344497.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2018-10-24 07:34 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

今どこに居るのですか

コーチング グラン・ジュテ

意志と愛のコーチング

神鳥貞子(かんどりていこ)です


互敬でコミュニケーション

心と心のキャッチボール 

人を大切にする人づくり(感謝と敬愛の心を大切に)


《問いかけ・働きかけ236》ー意志と愛シリーズ
「今どこに居るのですか。」


今、どこに居るの?


実際には、家の中に居るのです。



心はどんな様子なのでしょう。



楽しいのでしょうか。
ゆううつなのでしょうか。



今にも動き出したいほど、心はウキウキ。
それとも、
どんよりとした重々しい気分なのでしょうか。



心もちは変化します。



できれば、

明るい気分で、

元気に、楽しくしていると、

周りも笑顔になっていきますよね。


孫(次女)の言葉

『自分やみんなが笑顔だと、クラスや学校が明るくなって、

さらに、笑顔がふえるからです。』


彼女の言葉に元気をもらいました。


b0283396_14485040.jpg

自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
意志と愛のコーチング

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2018-03-19 14:49 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

葛藤ってよくないことなのだろうか

コーチング グラン・ジュテ

心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ154》ー教育・愛シリーズ
「葛藤ってよくないことなのだろうか。」

ずっと解決できないままでいた葛藤。

葛藤って何なんだろう?

初めは何かもやもやしている感じだった。

それが葛藤だったとしたら、

霧が晴れたら、どれだけ楽しくなるのだろう。

葛藤があることは、

私にとって、
いいことなのか。
それとも
いいことではないのか。

目の前に起こっている事より、
心の中で起こっていることが、
気になって、
心ここにあらずということになってしまっていた。

どうするか決めかねて、
ずっと抱えてしまっているから、
そうなるのだと気づいた。
どんよりと、
薄暗く、
漂っている何か。

その正体は、
揺れている。
迷っている。
決めかねている。
どうしようという声が聞こえてくる。

今起こっていることは、
きっと、よくないことと結論付けているから、
うじうじして、
暗くなってしまっている。

きっと、
葛藤することを否定的にとらえているのだろう。

そうではなくて・・・・。

肯定的にとらえようとして、

目の前に起こっていることや、
心の中で感じていることを
解釈し直してみる。

なんのためにそうするのか。

それは

自分の人生が、
もっと楽しくなるため。

あるいは、
仲良くするため。

前向きになるため。

疲れないで、元気になるため。

心が軽くなるため。

仕事が成功できるため。

自分を信じるため。
等々。

目的がないと、
それに見合った解釈ができない。

葛藤している事を
生みの苦しみ、
夜明け前、
この先の未来のために与えられたものと
思うことにした。

こういうことが起こることは、
短所なのか、それとも長所なのか。
はたまた、
弱みなのか、強みなのか。

若い頃からずーっと
現在に至るまで、
無くならないのなら、

そういう状況が起こることを
そういうことを抱えていることを
肯定してみよう。

認めてみよう。
否定しないでおこう。

と、

決めた。

決断したら、
これでいいのだと納得感が持てるようになってきた。

何かを求めているから起こってくること。
そうなのだ。

これでいいのだ。

これでいいのだと思える自分が、地に足をつけて踏ん張っていた。

自分から少し離れて、
自分自身を眺めてみると、

「今、ちょっと迷っているよね。」
「今。苦しんでいるね。」

というように、
自分自身に語りかけられるようになってきた。

自分自身との会話を楽しんでいると、
一人でいても
孤独感が薄れていた。

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_20233194.jpg



[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-08-31 20:24 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

何か、得体のしれない、追い立てるものが消えていくのです。何でしょう。

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です.

《問いかけ・働きかけ121》―愛シリーズ
「何か、得体のしれない、追い立てるものが消えていくのです。何でしょう。」

何か。
得体のしれないもの。

心の中のドロドロしたもの。


すっかり消えていったのでした。

何かに追い立てられる感じが消えていきました。

今は、いい感じが残っています。



心の中のことです。


周りからの影響で、
私の心が掻き乱されることがあります。


「影響されたらいかん」言い聞かせていました。
諭してくださる人もいます。


不思議なことに自分だけが感じているらしいこと。

同じ現象を見ても、
一緒にいる人は感じていないのに、
私だけが感じているということがよくありました。


私だけ。


私って変なのかしら。


そんな錯覚に陥ることもありました。


私自身の心は、私のもの。


だから、

誰かが”どうこう”できるはずのものではないのです。

時には

”どうこう”されてしまうことがあるのです。

逆に、

誰かに
「何とかして」と
叫びたくなるくらいの時があったりしました。


なぜ、そうなるのか。
ずーっとわからずじまいでした。


根底に何があるのか。


自分自身を探求してきたと言っても過言ではありません。



ずーっともやもや。
イライラ。
苦しい。


私の中に何かある。

私の中に何かが棲みついている。


悪魔。
魔女。
龍。
ドロドロ。
私のいうことをちっとも聞かないのです。


意識とは別の何か。

心から湧きたつもの。


それはなぜか尊いもののような気がしていました。

私とは切り離せられないものなのでしょう。


今も心の中に棲みついているんです。


それが少しいい感じになってきました。


何とかしなくてはとは思わなくなったのです。

一緒に過ごして。
仲良くできそうな感じ。


だんだん好ましく思えてきました。


そうしたら、

私を追い立てなくなったのでした。


長年の呪縛から解き放たれました。

ゆったりといい時間を過ごしています。

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_07573915.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-06-01 07:57 | 意志と愛のコーチング | Comments(0)

勉強するという概念を覆したのはどうして

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

神鳥貞子(かんどりていこ)です。

《問いかけ・働きかけ107》―愛・教育シリーズ
勉強するという概念を覆したのはどうして


勉強するということは、何を、どうすることなのか、
考えさせられる出来事が起こりました。


勉強するというと、
与えられた課題に取り組むことが多いのが現実です。

宿題をやったり、問題集をやったりします。


彼女は、
自分で何をするかを選択して、
自分の興味・関心のあることを
勉強するのです。


私は
この方法は、
元来、不確かで、偏ってしまう可能性があるのではと
思うことがありました。


それは、その学年での学習内容を習得するのが、
私には、最優先事項だったからでした。



孫の一人勉強を見ていると、
自分の興味を持ったことを、
ノートに書いて、やっているのです。



うれしそうに見せるノートに書かれていることは、
系統性といった堅苦しいことは全く無視しているのです。



私は、算数は系統性が必要だと固く信じて、
重視してきたのでした。

つまり、
一年生での学習の上に、2年生の学習が成り立っていると考えてきたのです。


ですから、
途中を省略すると、わからなくなるのではないかと
考えてきました。

例えば、
掛け算の九九をマスターしたら、
一桁×一桁の掛け算の学習をマスターするようにしていたのでした。
ドリルなどをやるのが普通だと考えていたのです。


大人の都合で子どもにやらせていたのではないかと
疑問が生まれたのでした。



子どもは、そんなことはお構いなしなのでした。


興味を持ったら、そこからやっていくのです。



2年生の彼女は、どうするかというと、
いきなりひっ算に挑戦するのです。


掛け算を使って、ひっ算を。

2年生の教科書にはひっ算はありません。

ですから、


姉に手伝ってもらって、
i padで検索して、
予習をすることを思いついたのです。



今こんな勉強しているのと言って見せてくれたノートには、
ひっ算が書かれていました。


私が思っている、型どおりではないのです。



理解できているかどうかより、
やろうとすることに目を見張りました。



私の価値観がひっくり返りました。

こんなことができるのだとびっくり。



知識を獲得する、
情報を獲得することへの
パラダイムシフトです。


孫のやっていることから気づかされました。 



興味を持ったところから、
見えるものを見て、
感じるものを感じて
拓いていくのでした。


計算の仕組みや方法は理解できていて、

彼女にはそれが、おもしろいと実感できているのです。



やってみたいことを原理にして、
わかるところを増やしていく思考方法なのだと思いました。



受け身で獲得していくのではなく、
求めていくのだと感じました。



宿題もきっちりやる方ですが、
おもしろいと思ったら、
難しいとは思わずに、
やっていこうとする彼女のパワーには
一目置くことにしました。

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_08182231.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-03-22 08:19 | 意志と愛の教育講座 | Comments(0)

音楽しりとりって知っていますか。

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】
神鳥貞子(かんどりていこ)です。

《問いかけ・働きかけ52》―教育シリーズ―
「音楽しりとりって知っていますか。」

みなさんは、ご存知ないと思います。
我が家族でやっているしりとりですから。


誰かが、ワンフレーズ歌を歌います。
その後を、
歌える人がその次のフレーズを
受け持って歌います。


歌を知っていても、
歌詞があいまいで、
歌えなくなったりもするのですが、


意外と、
歌っていると、
歌詞がついつい出てくるので、
歌えてしまうものです。


簡単な唱歌を歌うのです。

いまどき唱歌ですかと言われそうです。



昔からの歌は、
私たち大人も歌えて、
孫たちも歌えるので、
歌えるコミュニケーションとなって、
楽しめます。



この曲は歌えないでしょうと言って
得意になっているのは子どもたち。



私たち大人が子どもの頃から歌っているとは、
想像がついていないようです。



きれいな声で歌えるねと、
ほめると、

保育園の頃は違う歌い方をしていたわ~。


今はこんな風に歌っているとつぶやいています。


どっちの歌い方も、上手だと思います。


でもね。


歌声には、違いがあることを認識できていることが凄い。



より美しく
より響く声。


それをめざすことが大事だという価値観が育っているのだと思います。 


自らを振り返って、
変化に気づいている孫たちに、エールを送ります。

子ども心に灯をともす


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2015-06-09 11:23 | 意志と愛の教育講座 | Comments(0)

『笑顔』はいいよ。『笑顔』でねというけれど、 いつも『笑顔』でいて、いいのでしょうか

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

神鳥貞子(かんどりていこ)です。

《問いかけ・働きかけ49》―教育シリーズ―
「『笑顔』はいいよ。『笑顔』でねというけれど、
いつも『笑顔』でいて、いいのでしょうか。」


うまくいかない。
思い通りにいかない。


泣きたくなる。


でもね。


笑顔がいい。


そう言われているので、
笑顔でいなくては。



真剣に、真面目に、信じて
頑張って笑顔で過ごしている。



こころの中では、


どうしよう。
うまくいかない。
不安でたまらない。
恐怖さえ感じる。
楽しいはずもない。
面白くもない。
意欲もそがれている。


だけど、


笑顔がいいと言われている。


意識をして、
笑顔で。


無理をしていることにも気づかないくらい
一生懸命に、笑顔で。



心の中は泣きそうなのに、
笑顔で。



心と身体はつながっているのに、
心で泣いて、
笑顔でにっこり。


どうしてそんなことをしているの?


それがいいと言われたから。



心と身体がばらばら。


それは、偽りの笑顔なのではないの?


偽りの笑顔で
がんばっているのね。



偽りの笑顔。



本当は言いたいことがあるのにニコニコ。
私には言えないからニコニコ。



きっと、
見ている周りは、変だと感じているはず。



こんなときに、よく笑顔でいられるなあ。

こんな状況で、よく笑顔でいられるなあ。



本人は
笑顔でいる方がいいと言われたからと。

そうすればいいと信じ込んでいるように受けとれる。



そんなことしていたら、
周りが、不信に思うかもしれないのに。

当の本人はそうは思っていない。



こんな状況でよく笑顔でいられるなあ~。

なんて

ちょっとあきれているかもしれないのに。
・・・。


でもね。笑顔がいいよと言われたから。



この笑顔の先に、
本当にあなたの求めているものがあるのかなあ。


ちがうよね。



そんなことをしていたら、壊れてしまう。
無理をしているよ。

周りにも変だなあと思われているよ。



そのことに、
気づかないと。



本当に願っていることが伝わらないよ。

本物は伝わらない。
本物の笑顔でないと伝わらないはず。

子ども心に灯をともす


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2015-06-05 19:15 | 意志と愛の教育講座 | Comments(0)

信じられない人がいる・状況がある時って、一番自分が信じられないのではないですか。

b0283396_08175366.jpg
コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

神鳥貞子(かんどりていこ)です。

《問いかけ・働きかけ48》―教育シリーズ―
「信じられない人がいる・状況がある時って、一番自分が信じられないのではないですか。」


4月から社会に出て、3か月目に入った新人さんは、新しい局面になっているのではないでしょうか。
上司になって、親になって、社長になって。

立場が変わって、今までとは異なっているのだと、感じる出来事や状況が起こってきます。


立場が変わって、今までは見なくてもよかったもの、見えなかったものが、次々と問題として生まれてくるのです。



「できません。」「無理です。」と言ってしまえば、
それで、終わってしまうのかもしれません。


やめるという選択をしない限り、
そうも、言っていられません。


先輩のやり方を真似して(盗んで)やってはみるのですが、
なかなか、その通りにはいきません。

同じようにやっているのにどうしてだろう。
やり方だけを見習っても、その人の人間的な凄さは
その人そのものです。


猿真似ですか。


未熟さを嫌というほど、突きつけられるのです。


やり方や専門的な力は当然、大切なのですが、
振り返ってみると、
やり方の意味や価値が充分に腹に落ちていたのですか。
それに、
それを使う人のあり方、人間性、人格そのものがもっと重要になります。


厳しい試練となるにはなるのですが、

やってみると、
行けるところまでやってみたくもなってきます。
大丈夫。大丈夫。


未熟さを実感して、
少しずつ、少しずつ。本気になっていきます。



うまくいかないことばかりが気になって、
ダメだ。
嫌がられている。
この仕事は合ってない。
あの人のせいだ。

こんなことばかりが気になりだすと、
元気がなくなってしまいます。
自信がなくなってしまったとしたら。
“心が折れてしまいました。”となるんですね。


今できることは何か。
目の前のことで、できることは何か。
ひとつひとつ丁寧に見届けて、
小さなことをやり遂げて、成功体験として受け入れていくと、
積み重なって、キャリアとなっていきます。


若者の中にも、
若い親の中にも、
上司になって、

素敵な、大好きな親になろうと、
頼りになる先輩になろうと、
魅力ある楽しい時間を提供できる指導者になろうと、
魅力的な経営者になろうと、諦めないで、日夜、努力をしています。


自分が信じられる手ごたえを感じる為に、
自己効力感を高める為に、

子どもとともに歩んでいく世界を、
社員とともに、部下とともに歩んでいく世界を、
工夫して、創っていくと、気づき・発見が生まれます。


そのひとつひとつが、
あなたが自ら掴みとった、宝物であり、魅力になっていきます。


子ども心に灯をともす


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2015-06-05 08:19 | 意志と愛の教育講座 | Comments(0)

どんな思いで朝顔の世話をしているのでしょうか。

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】
神鳥貞子(かんどりていこ)です。

《問いかけ・働きかけ42》―教育シリーズー

「一年生になると、朝顔を育てます。
彼らは、どんな思いで朝顔の世話をしているのでしょうか。」


5月に入ると新一年生も次第に学校に慣れてきます。
緊張していた気持ちも次第にほぐれていきます。


その頃、生活科では、
朝顔の種をまきます。



ひとり一鉢。
自分の朝顔。
種をまいて、世話をします。



朝の水をやり。
ペットボトルで水やり。



笑顔で、
嬉しそうに、水やり。



どんどん工夫・改良されて
いい種といい土。



必ず、すくすく育つように仕組まれている教材。
大きくて、美しい、元気な花を咲かせます。



育たなかったとしたら、
花が咲かなかったとしとら、
子どもたちの落胆は想像以上だと思います。



水やりを忘れる子どもはいません。
朝、学校に来たら、一番初めにすることです。



とても嬉しそうに水やりをします。



芽をだし、双葉が、本葉に。
つるが伸び始め、
だんだん、にぎやかに。


蕾が膨らんで、
大きな花を咲かせます。



たくさん花をつけて嬉しい気持ちの頃、
一学期が終わります。



朝顔と一緒に、

子どもたちの心も身体も成長していきます。



元気な朝顔と一緒に、
元気な一年生になっていくのです。


朝顔を育てながら、自らも育っていくのです。

子ども心に灯をともす


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2015-04-29 11:28 | 教育 | Comments(0)

仕事の意味や価値

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

神鳥貞子(かんどりていこ)です。

実感!仕事の価値や意味を。


仕事の意味や価値。


それが
とても大事なことだということはよくわかっている。

実感が伴っていないと、
単なる言葉だけで、
わかったような気になる。



若い頃、
早わかりをするな!!!と
よく、先輩から言われたことを思い出す。


わかった気になるな。


その言葉をよく思い出す。
心のどこかから聞こえてくるのである。


私は、
とても言葉に弱い。
いい言葉に弱い。
心に響く言葉に心奪われるところがある。


心に響く言葉には、魅了されてしまう。

そういう意味で、
言葉に弱いということ。


言葉で、
解ろうとする。

詳しく説明されてわかろうとするところがある。



そんな私に、
若いときの私に。

そして今の私に。


じっくりと、
やってみて、
積み上げていこうということを
その先輩は伝えたかったように思える。



どういうことそれって?
何を言いたいの?
何をしたいの?
自分に問いかけながら。


実感できること。
納得感。


それはやってみないとわからない。
体験・経験を重ねて
今の自分のやっていることを
より明確に、
じっくりと、
積み上げていく。


すると、
再認識できる。



やはりやはり私は。

これがわたしの大切にしていること。



私の歩む道。
はっきりとひとすじの光が見えている。


これが真の覚悟だと知る。

これまでの自分が生まれ変わった感覚。




真の使命が明らかになって、

身体が熱くなる。


心がはるか未来に向けて
湧き立ってくる。


きっと実現できる!

子ども心に灯をともす


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2015-04-14 18:11 | 教育 | Comments(0)