ブログトップ

コーチング グラン・ジュテ 人は跳べる~あなたの気づける力・愛・言葉があれば~ 挑戦する勇気を!

タグ:愛 ( 8 ) タグの人気記事

「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫

些細なことかもしれませんが、お客様に対して変ではありませんか

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です

《問いかけ・働きかけ129》ー愛シリーズ
「些細なことかもしれませんが、お客様に対して変ではありませんか。」

お客様への対応力。お店での買い物のこと。

親の世代では、
名前も顔もよく知っているお店で、
買い物をしていた。

そういうお店がだんだん少なくなっている。

落ち着いて、買い物ができるので、
できるだけ、気に入ったお店を探して
品物を買うようにしている。


必要なものを買う。
気に入ったものを買う。

毎日の食品も、
高価な品も、
購入したら、私の大切なものとなる。

今日はこれを買って、こんな料理をして・・・。
楽しくなる。


特に、文房具は私の行動を助けてくれるので、
とても大切な物。

これを買って、これから、こんな風に使って、

と、私の夢が膨らんでいく。

いつも文房具を購入するお店は決まっている。

気分によって、4つのお店から、決めている。


文房具を見ていると、
色々なことを思いつく。

ひとりだけのホットな時間。

文房具と会話しているのかもしれない。

なんか、語りかけてくるような気がする。


ノート一冊だけでも、
丁寧に包んでくれるところで購入すると、

とても心が晴れ晴れして、
このノートを使って・・・・・。

とだんだんと嬉しい気持ちが広がっていく。


最近は量販店でも、文房具が並んでいる。

洗剤の横に、文房具が並んでいた。

ちょっと不思議な感じがした。
品ぞろえが多すぎるのも気になった。


ノートを手に、レジに並んだ。

些細なことが気になった。

商品の取り扱い方が気になった。

ざあ~っとしている。

たかが一冊のノートかもしれないが、
これから使おうと思っている大切なもののはず。

心が擦り切れていく感じがする。

イライラ感。

ああ~。
こんなことってあるの・・・。という心の声が聞こえてくる。


お客様は誰もが、
大事なものを買っていく。

これから、これを大切に使いたいと思っているはず。

もう少し丁寧に扱ってと心の中で叫んでいた。


だんだんと私自身が、
大切にされてないのかもしれないという気分になっていく。

商品なのだけれど、私は欲しいと思って、

私のものになるのだと思って購入しようとしている品物。

私の一部になるものだってあるはず。


もっと丁寧に。
お願いだから。

居心地が悪くなってきた。

これから、大切に使おうと思っているのだから。

大切にしてと何回も心の中で叫んでいた。


お客様が手にした商品を大切にすることは
お客様を大切にすること。

ということを、ひしひしと感じた。


孫たちに文房具を買うときは、
文房具店で買おうと心に決めた。

その方が大切に使うだろうと感じた。

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_20103495.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-07-27 20:11 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

向き合うことから逃げていたのかもしれません

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です.

《問いかけ・働きかけ114》―愛シリーズ
「向き合うことから逃げていたのかもしれません。」

愛の形には色々あります。

耳の痛いことばかり言われると
ついつい避けるようになってしまいます。

これも愛だとわかっていても。

小さな出来事を幾つか。
それが積み重なってくると、
向き合うのが億劫になってしまいます。

それで済むのなら、済ませていけばいいのかもしれません。

そのつけはいつか回ってくるのです。

先延ばしにして、

向き合わず
に、気にしないふりをして、やり過ごしてきました。

ところが、

いつの日か

そうもいかないことになってきました。


最も困難な出来事となって、
戻ってきました。

受けとめるしかないのです。

絶体絶命。

苦手とか嫌だとか言って、逃れるに逃れられない状況です。

覚悟を決めて、少しずつ、歩み寄りながら・・・。


聞こえてくる話。
出来事。


今もなお、ずーっと背負っている過去。

何とかしたかったと思う悔恨。

自分を責めているのか。

義務感や責任感、罪悪感なのか。

重たい、とても重たいものを抱え込んで、
ずっと頑張ってきたのですね。


なぜそうなのか

わかってきたのです。

共感できるところが見つかったのです。

わだかまりが消えていきました。


大変だったのですね。
そんなに抱え込んで。

楽になってもいいのです。

充分にやり遂げてきたのだから。


やり足りないことより、
よかったことを話しましょうよ。

こんなにいっぱいありますよ。

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください


b0283396_11044124.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-05-29 11:05 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

出来事をどのように解釈しますか

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

神鳥貞子(かんどりていこ)です.

《問いかけ・働きかけ113》―愛シリーズ
「出来事をどのように解釈しますか。」

自分の身の回りに起こっていることを、
どのように解釈するかが生きることであり、
これから生きていくことになります。

家庭で起こっていることも、

社会に起こっていることも、

世界で起こっていることも、

あなたは

どのようにとらえて、
どのように解釈して、
どのように行動していきますか。

まずは、
身の回りに起こっている出来事についてです。

例えば、次々と、
お願いごとをする人がいます。

要求や指示・命令的にかかわってくることもあります。

よく観察していると、

私にだけではなく、
関わっている人には例外なく、
そのような、関わり方なのだと感じるようになってきました。

要求・指示・命令的な人の話をよく聞いていると、
いくつかの共通点が見つかりました。


それはさておき、

要求・指示・命令的にかかわる人とのコミュニケーションを
豊かにするために、どうしたらいいのかを
ずーっと考えていました。


相手をコントロールしたいタイプなのだ。
ずーっとそう思っていました。

しかし、
そのような意志が強いというより、

行動がパターン化しているといってよいと
思うところが見つかりました。

その人の行動パターンなのです。

本人は気づいているのかどうか
確認する必要はないと思っています。
今後も、見守りたいです。


本人は自身の行動パターンを、肯定していると考えられます。
ですから、変化は望み薄です。

だったら、
対応力をつけて、よりよいコミュニケーションができた方が
楽しく働いたり、過ごしたりすることができます。


そのためには、
解釈力と対応力をつけて、
自分の能力を高め、
結果的に
人間性向上に結び付ける方が有効だと気づいたのでした。


学びの機会を得たのだ。


そのように考えて、
自らが変化・成長する方が、

今この瞬間から

未来への新しい世界が広がっていくこと
間違いなしだと感じました。

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛のコーチング塾】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_22000135.jpg



[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-05-28 22:00 | 意志と愛のコーチング塾 | Comments(0)

自分の軸がぶれないのはどうして

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

神鳥貞子(かんどりていこ)です。

問いかけ・働きかけ106》―愛・教育シリーズ
「自分の軸がぶれないのはどうして。」

もうすぐ修了式があり、学年が修了することになります。


それを見越して、今年一年間、無事に、元気に、学校に行けたことを、
それに頑張れたことを褒めたたえ、
ちょっとしたお祝いを私たち夫婦と孫たちとしました。


おもちゃが見たいというので、ひとしきり楽しみました。

リカちゃん人形が大好きで、
リカちゃん人形の前で、話し込んでしまいました。

そういえば、
彼女は、家でよく、リカちゃん人形と話しながら、
楽しそうに遊んでいました。

あまりにも、欲しそうだったので、
これぐらいなら、買ってあげてもいいよと
私の方から言って、話がまとまりかけた瞬間でした。


とてもほしくて仕方がないのにもかかわらず、言いました。


今日買ってもらう理由見つからないと言い出したのです。

誕生日でもないし、クリスマスでもないと。



これ買ってもらうと、ママに叱られると。



確かに、そうでした。



私は、「それは、買えないなあ。」と言って、

私から「買ってあげてもいいよ。」と言ったのに、
諦めさせて、かわいそうなことをしてしまったのです。


とても、欲しそうだったけれど、


我慢できて凄い。
素晴らしい!!!ということで、
今回は我慢することにしました。



誕生日を待って、希望を叶える約束をしました。


父母が彼女の心の中にはしっかり居ました。


ぶれない家庭の方針が、生きていてよかったと思いました。


我慢できることの大切さを孫とともに学びました。


自立につながる少しの歩みになりますように!

あなたの心に灯をともす
コーチング グラン・ジュテ 
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

お問い合わせ、お申し込みはこちらから
ちょっとの疑問、不安にお気軽に声をかけてください

b0283396_21535775.jpg


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2016-03-21 21:54 | 意志と愛の教育講座 | Comments(0)

20世紀が終わろうとしていた頃、私は何を思っていたのか

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

神鳥貞子(かんどりていこ)です。

《問いかけ・働きかけ90》―教育シリーズ
「20世紀が終わろうとしていた頃、私は何を思っていたのか。」


21世紀になって、15年が経ちました。


2015年があと少しで、終わろうとしています。
そして、2016年を迎える準備をしているところです。


2015年は私にとって、とても有意義な年でした。

出会いが私に進化・成長をもたらしたのでした。

感動すべき出会いはたくさんありました。
そのたびに、私は私へのメッセージを確かなものにしていったのでした。


私は私、ありのままの私を大切にするという事です。


その中の一つに、感性論哲学を学んできたというのがあります。

感性論哲学後継者育成講座を終えて、
2016年には、
上級コースに参加することを決めました。


そのために、何を勉強すれはよいかを
感性論哲学の創始者、芳村思風先生にお尋ねしたところ、
先生が最初に執筆された「感性論哲学の世界」を読むことを勧めていただきました。


読んでいると、


20世紀が終わろうとしていた頃、私は何を思っていたのか。

が甦ってきたのです。


本を読んでいると、経験することなのですが、
私の中に眠っていたことが、呼び覚まされたのです。


20年ぐらい前のことです。
21世紀になる5年ぐらい前だと記憶しています。


仕事をする中で、
家庭のことを考え、
子育てをして、
家族の願いを受けとめつつも、


一体私はどのように生きていくのがいいのか。


どのように生きていきたいのか。


一つしか無い生身の身体は張り裂けんばかりでした。


私の思いはどのようにしたら、解決するのだろう。


そのことから、
私はどのように生きていけはいいのかと悩みながらも、
自らの意志を曲げることはできませんでした。


『女性の社会的立場はいかにあるべきか。」


誰も相談する人がいないのなら、
自ら歩むしかないと思いました。


これまでの女性たち、
これからの女性たち、


そして、
今、もがき苦しんでいる私。


それは、私だけなのかもしれない。

そう思うと、とても孤独。


もう一度、大学に行きたくなってきました。

生きる意味を見つける為に。


しかしながら、、
目の前に迫っていることが多すぎて、
実現できないままに、今日を迎えたのです。


そして今。


この本に出会って、
やっと出会えたと感じました。

私が求めていたものだと感じました。


そういえば、20年前に思っていた事。
もっと、学んで、
私の生きる意味を考えようと。


20年前の私に出会うができました。


今、ここで、このような思いを持てる事、
願いは叶うのです。


さまざまなことを経験して、
今、ここで、
回り道はしましたが、
そのことに気づくことはできてよかったです。


願いはずーっと持っていれば、
いつかは叶うという事を、
みなさんと分かち合いたいと思っています。

子ども心に灯をともす


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2015-12-23 20:36 | 意志と愛の教育講座 | Comments(0)

感性論哲学のお話を女性の方々とともに学ぶ会

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】

神鳥貞子(かんどりていこ)です。

私たちは、今ここ、この瞬間から、過去を解釈し、未来を夢見ています。

この事実を肉体が捉え、心で感じて、

一人ひとりがどのように生きていこうかを追い求めています。

時には、ストレスになる場合も、

人によっては、楽しさを感じられることも、

またある人は、いい刺激になって、考えが浮かんでくることも、

一人ひとりが、それぞれの答えを追い求めていることに気づきます。

実は、あなた次第なのです。

感性論哲学は、成功と幸せと健康の哲学です。

やさしいまなざしと笑顔で、愛にあふれた光を受けとることができます。

感性論哲学のお話を女性の方々とともに学ぶ会、

『第一回感哲みえ女子会』が開催間近になりました。

みなさまの参加をお待ちしています。


一人ひとりを大切に。
一人ひとりの力を信じて。

私たち女性への感性論哲学の世界を語ってくださいます。

ありのままの自分から、さらに一歩を、歩んで行ける勇気をいただきます。


b0283396_19320969.jpg


子ども心に灯をともす


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2015-12-10 19:33 | 意志と愛の教育講座 | Comments(0)

自分らしさを感じるために、何をしますか。

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】
神鳥貞子(かんどりていこ)です。

《問いかけ・働きかけ57》―教育シリーズ―
「自分らしさを感じるために、何をしますか。」


7月11日に孫たちのピアノの発表会がありました。

昨日(8月3日)に、DVDが出来上がってきました。


「エリーゼのために」を演奏したのです。
この曲はよく知られています。


大好きな曲で、仕上がりは上々と自信を持っているなあと
私は感じていました。

発表会当日のアナウンスでも、「この曲は大好きで、練習が楽しかったです。」と言っています。

演奏は、すばらしい!

ですから、良かったねと言うのですが。
それほど、嬉しがってはいません。
感想は、「気持ちよく弾けたよ。」でした。


DVDが届いて、
家族で見ていた時のことです。


私ってこんなに速く弾いていたんや!!!


改めて、彼女は、自分自身の演奏を聴いて、つぶやいたのです。



私は内心、今気づいたの?と言いそうになってしまいました。



演奏している時は、集中していて、入り込んでいて、
感じていなっかったらしいのです。



自分の演奏。
自分のやっていること。

自分では気づけないことがあります。



今、DVDによって、客観的に見つめてみて、
改めて感動しているのです。



自分自身を客観的に見ることで、
自分の演奏を
自分自身を
みつめてみると、

改めて、
自分らしさを感じることができます。


自分がやってきたことの意味や価値を感じるのです。


DVDによるフィードバックです。


コーチングのフィードバックは、
その場で、クライアントさんが
自分らしさを見つめることができるので、
クライアントさんのためにとても大切です。

子ども心に灯をともす


[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2015-08-17 22:04 | 意志と愛の教育講座 | Comments(0)

いいねえ~!

コーチング グラン・ジュテ
心が目を覚ます【意志と愛の教育講座】
神鳥貞子(かんどりていこ)です。

《問いかけ・働きかけ29》―愛シリーズー

「どんな夢を見ますか?」


素敵ねえ~。

いいよ。いいよ~。
それやったらいいよ~。
それ貴女のいいところだよ~。

夢の中できごとです。

誰かに褒められているのです。
とてもいい気分です。

この目覚めで、
今日一日楽しく過ごせそうです。



人は誰でも、
ほめられたいのです。

輝いている一瞬を見逃さずに
フィードバックできるように
もっと、もっとなりたいと思います。



貴女は駄目。
頑張っていない。
排除します。


そういわれるより
どれだけ輝けるようになるか。
自分を信じられるようになるか。
計り知れません。

人は踏みつぶされなくてもいいのです。


ひとりひとりの輝きを
誰もか持っている輝きに
どうか、気づけますように。


おぼろげながらでも、
気づいている人、

パワーアップ、エネルギーを
吹き込みましょう。

b0283396_05480439.jpg



[PR]
「コーチング グラン・ジュテレター」
メルマガ登録はこちらから≫
by harukakkr | 2015-03-11 05:48 | Comments(0)